彼氏は、女性にとって愛する男性であると同時に、自分の魅力を表す一種のステータスでもあります。

誰でも友達から「私もそんな彼氏ほしい!」とうらやましがられてみたいですよね。

 

でも、非の打ちどころのない完璧な男性なんてなかなか見つからないもの。

では、自分の手で彼氏を素敵な男性に育ててみるのはいかがでしょうか?

 

今回は、素敵な彼氏を育てた経験のある女性3名に、イケてる彼氏の育て方についてのお話を聞きました。

 

【参加者(すべて仮名)】

真琴…28歳。年上から年下までモテるタイプ。現在は起業家の彼氏と同棲中。

 

仁美…27歳。自分から告白したことはないのに、常に彼氏がいるモテ女。

 

詩穂…30歳。フリーのコンサルタントとしてバリバリ活躍するキャリアウーマン。

 

 

育て方1:オトコは“褒める”と伸びる!

 

――みなさん、彼氏を育てた経験があるとのことですが、具体的にどんなことをしたのでしょうか?

 

真琴「まず、服がダサいのをオシャレにしました」

 

詩穂「私もやったことある! イイ年なのに、オタクの中学生みたいな格好してたから(笑)」

 

仁美「でも、彼に『服がダサいからオシャレして!』なんて言えなくない?」

 

真琴「もともとファッションに興味がない人だったから、一緒に買い物に行ったときに『こういうの着てほしいな』って言ったり、試着してもらって『かっこいい!』って褒めたりしているうちに、その気になって自分でもマトモな服を選ぶようになったよ」

 

詩穂「はりきってオシャレしようとしてハズしてるわけじゃなく、何をすればいいかわからないっていう状態なんだよね」

 

仁美「褒めるワザって結構使えるよね。私の彼氏はネガティブで、毎日愚痴ばっかり聞かされてたんだ。でも、愚痴を否定しないようにして、できたことを褒めるようにしてたら、自分に自信がついたのかネガティブなことを言わなくなったよ」

 

育て方2:怒るのではなく、“突き放す”

 

――いわゆる「ダメンズ」を更正したことはありますか?

 

詩穂「私の元カレは、全く掃除をしない人だったの。初めて家に行ったとき、部屋がものすごく散らかっていて……。『こんな家には来たくないから、来てほしいなら掃除して』って言ったら、掃除するようになった。生まれて初めて掃除機を買ったんだって(笑)」

 

仁美「すごい!」

 

詩穂「ポイントは、怒るんじゃなくて、突き放すように言うこと。『嫌だから直して!』って言うんじゃなくて、『変える気がないならそれでもいいけど、そのままなら付き合うのは無理』って言った結果、彼が自然と変わったっていうことばかり」

 

真琴「強制すると反発してしまいがちだし、自発的に変わろうとさせることが大事なのかもね」

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 「両思いの恋」あの人は私のどんなところが好き?
  • 【彼氏に愛されるラブレッスン】彼の愚痴に対する神対応はコレ!
  • [魂の声]交際中のあの人
  • コレが『遠恋』の真実! 男性が遠距離恋愛で浮気に走る原因
  • 避妊しない彼氏は何考えてるの? 男性の本音を大暴露!
  • 彼からLINEも電話もこない……もしかして冷めた? そんな時の不安解消法
  • 二番目からの脱却! 彼女持ちの男性を本気で好きにさせる方法
  • 【両思いの絆】彼はあなたとずっと一緒にいたいと思ってる?

この記事が気に入ったら
いいね!をプッシュ♪

カナウの最新情報をお届けします!

カナウ公式ツイッター

あなたへのおすすめ