恋愛ライターとして女性の悩み相談に乗る機会も増えてきた中、彼氏のだらしなさについて不満を述べられることも多くなりました。

ただ、ときどき、「それすら許せないの!?」と思う厳しすぎる声も聞きます。これがダメなら男女関係で一生ストレスを抱え続けていくしかないのでは、と心配になってしまったのです。

今回は、そんなエピソードを3つ、年代別でご紹介しましょう。

 

どんなにくだらない話でも自慢したがる

「彼氏が、超偉そうに『俺、2時間しか寝てないんだよね』って、忙しいアピールするの。アレ、なんなの?」

20代の女性がいらだちを含んだ声で言ったのですが、同じオトコから言わせてもらえば、そのくらいいいじゃない、という感じです。

 

男性はモテたいと思って何でも自慢したがる生き物。「2時間しか寝てない」というのも、「それだけたくさん仕事をこなしている」というアピールにすぎません。ただ普通に受け取れば不摂生なだけで、自慢でも何でもないと呆れる気持ちはわかります。

 

しかし、男性側からすると、ここで求めているのは「すごいね!」や、「偉いね、よくがんばったね」という言葉に限られています。女性は褒めておきさえすればいいので、実に単純なのです。

どんなに偉そうにしていても、結局は女性に甘えたいだけ。それがわかれば、男性のことが少し可愛く見えるかもしれません。

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 【調査】お泊まり前に要チェック! 彼氏に引かれないすっぴんの見せ方
  • 好きな人の好みに寄せちゃう人って実際相手からどう見えている?
  • メンへラ女子が男性に嫌われる理由…「それマジ?」という面倒くささ
  • どうしよう? 趣味のない彼氏とのデートプラン
  • 秋は二人の愛を深める季節。カップルにおすすめの秋デートプラン
  • 彼とのデート服!狙いすぎず「大人の女」を意識させる服装とは
  • パラサイト系ダメンズの危険な口説き文句。都合のいい女にならないために
  • 【ついうっかり⇒嫌われた!】彼がゲンナリする「地雷ワード」とは?