ブロガーで作家のはあちゅうさんが、初の小説集「通りすがりのあなた」を上梓しました。

ビジネス本は多数出版していますが、意外にも純文学は初めてとのこと。

 

「意外」という表現をしたのは、はあちゅうさんはこれまで、2歳の頃から作家になりたかったとか、高校生時代は文芸新人賞に投稿していたということを、たびたび述べていたからかもしれません。

 

10月3日、東京の講談社にて行われた新刊トークイベントでは、はあちゅうさん自ら作品を語り、そこには「夢を実現するための鍵」がたくさん散りばめられていました。

 

夢が叶っているようで、叶っていなかった

 

はあちゅうさんは女子大生の頃に大ヒットブログが書籍化したことで注目を集め、その後ビジネス本やエッセイを多数執筆しました。自分で立てた企画に大企業や著名人を巻き込んだり、コメンテーターや知識人としてテレビに出演したりもしています。

でも、子供の頃からの夢が実現していないことが、実は心に引っかかっていたそうです。

 

「どこかでずっと小説を書きたいなと思っていました。苦手なものから逃げるような、後ろめたさを感じていたんです」

 

高校生時代に思い描いていた夢を社会人になって実現させた人は、いったいどれくらいいるでしょうか? そう多くはいないでしょう。

次々に夢を叶えて、充実しているように見えるはあちゅうさんにも、叶っていない夢があったのです。

 

「よく、群像編集部からオファーされたんじゃないかって言われるんですけど、違うんです。自分で原稿を持ち込みして編集者さんに見ていただいて、今回やっと小説集の発売となりました」

 

予想に反して、第一歩は泥臭いものだったよう。受け身にならず、自分からアクションを起こすことで夢への扉が開いたのです。

 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • 「恋?仕事?」今の私を満たしてくれるのはどれ?
  • 何が充実していれば今の私は幸せになれる?
  • 今のあなたの「女子力」チェック!
  • 恋も仕事もうまくいく!心理カウンセラーが教える「自信を持つ方法」
  • 【知ると毎日が楽しくなる】今、私が一番夢中になれるものは何?
  • 私は今のままでいい?
  • 「影」を寄せ付けない、光輝く魂をつくるために
  • 孤独感からあなたを救うための方法

カナウ公式ツイッター