「なかなか彼氏ができない」と嘆いている女性は、相手をイライラさせる話し方をしている可能性が高いです。

そこで今回は、イライラさせる会話のポイントを、男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

 

自分の話ばかりする

 

人の話は一切聞かず、自分の話ばかりする人は嫌ですよね。

ただ、わかっていても自分の話したい欲求が勝ってしまい、自分ばかりがしゃべってしまう人は多いです。

 

会話は、「話す:聞く」の割合を「3:7」にするようにしましょう。

もちろん、常にこの割合で話す必要はありません。

 

また、自分がおしゃべりであることを自覚している人は、「1:9」ぐらいの割合で会話をすることをオススメします。

 

否定形で返答してしまう

 

相手が話した後に、「いや」「でもさ」と否定形で返答してはいませんか?

 

会話は「共感」を求めることが多いので、否定形で返されると、「この人と話してもつまらない」「なんか会話がのらないな」とネガティブな気持ちにさせてしまいます。

 

ですので、否定形で返答することが癖になっている人は、早急に直す必要があるでしょう。

 

また、ネガティブな情報を交えた返答も良くないです。

例えば、「あの映画面白かったんだ」と言った後に、「そうなんだ。でも、あの映画って評判悪くない?」と言ってみたり、「あそこのショートケーキ美味しいらしいよ」と言われ、「私、ショートケーキは苦手なんだよね」といった返答をしてしまうのも、会話の心地よさを奪ってしまいます。

 

会話をする際は、ネガティブな表現を使わないほうが無難と言えるでしょう。

 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • どんなコスメよりも効果的!自分に自信がある人は美しい
  • どうしても自信がもてないときの解決法~あなたはもっとできる!
  • ストレスをうまく対処! 怒りにくい性格になる方法
  • 自己会話「セルフトーク」を変えるだけで、恋愛や仕事がうまくいく?
  • 心理カウンセラーが教える過労に陥りやすい性格って?
  • 繊細すぎる。共感力が高い。もしかしてあなたはエンパスかも
  • もう自分を変えたい! 自信をもつにはどうすればいい?
  • 恋活、婚活……いいえ朝活! 朝を制する者は恋も仕事もすべて制する!?