「片思い」という言葉に、不思議な懐かしさを覚える人も多いかと思います。社会人になってから、片思いはどれだけしましたか? また今現在、片思いをしていますか?

 

学生時代であれば、真正面から好きな人と向き合って、赤面しながらも告白したかもしれません。でも今はきっと、そんな恋の仕方はしないでしょう。

 

社会人になってからと学生時代を比べて、片思いはどれだけ違うか見ていきます。

 

 

大人はなぜ恋から遠ざかるのか

 

学生時代はいっぱい甘酸っぱい片思いをしたはずなのに、ある程度の年齢になると、なぜ「片思いの状態が恥ずかしい」「本当は好きなのに、まるで好きじゃないように振る舞ってしまう」という状況になってしまうのでしょうか? 一方的に思うことが子供っぽく感じたり、好きな人ができても周囲に言わなくなったりするのが理由なのかもしれません。

 

さらに学生時代は、付き合うことが目的になりがちで、ちょっとしたことで好きになり、でもダメなら次の人……なんて女子もけっこういましたよね。しかし、それなりの年齢を経て、失恋も含めたさまざまなことを経験すると、恋愛には慎重になります。恋だけを最優先にできなくなりますし、片思いの状態にどっぷり浸かることが、そもそもできなくなるのでしょう。

 

そんな色々な理由から、好きという気持ちにふたをしたまま、放置してしまう社会人女性も多いのです。

 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 「意識しすぎて空回り…」好きな人への効果的なアプローチ方法
  • 「一度振られているけれど…」この恋、諦めないでいい?
  • この恋に奇跡は起こる?
  • 片思い占い|あなたの恋の悩みを相談するなら「この人」
  • 今、あの人の笑顔を見るためには何をすればいい?
  • 彼との恋の奇跡、いつか訪れると信じていい?
  • 彼(あの人)は今、クリスマスをどんなふうに過ごしたいと思っている?
  • 「同僚が…好き」さりげなく距離を縮めて恋を成就させる方法3つ

カナウ公式ツイッター