「好き避け」って知ってますか? 好きだからこそ、相手を避けてしまうことを表す言葉なんですが、小学生や中学生の頃は誰もがしていたと思います。

 

大人になれば、ある意味ツラの皮も厚くなり……まったくしなくなる人もいるかもしれませんが、片想い状態だと自分の気持ちを知られたくなくて、ついつい避けてしまう人もいるのでは?

 

でも、大人になってから「好き避け」をするのは、結構キケンなことなんですよ。

理由をじっくりお話していきますね。

 

「好き避け」は「アナタ、嫌い」と言っているように見える

 

好き避けをする時の態度・行動を振り返ってみてください。

 

1.視界に彼の姿を認めた途端に逃げ出す(とにかく恥ずかしいから)

2.そばにいても「話しかけないで」オーラを出してしまう(何話したらいいか、わからない)

3.おしゃべりしているのにニコリともしない(緊張しまくって笑顔なんか出てこない)

 

これらを客観的に見ると、どれも「嫌い」という印象を相手に与えてしまう態度なんですね。

 

あなた自身が、好きだからこそ好き避けをするのだとしても、彼の目にはこう映ってしまうのです。

 

1.自分がいるとわかった途端に逃げる

⇒「そこまでしなくても……」

 

2.そばにいるのに、話しかけないでほしいという意志がひしひしと伝わってくる

⇒「とても気まずい。何もしてないんだけど」

 

3.話していても笑わないし、つまらなそう

⇒「こんな顔されるくらいなら、早く話を終わらせて去りたい」

 

つまり、好き避けは態度で「アナタ、嫌い」と言っているということ。片思いを自分で終わらせるような行動・態度なんです!

 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 片思い中女子は必見!告白以外でできる効果的なアピール
  • 「同僚が……好き」さりげなく距離を縮めて恋を成就させる方法3つ
  • 奥手な草食系男子から告白させる!テクニック3か条
  • 超脈ナシの片想い…本当に無理?
  • 「あれ……かわいいかも」男性が女友達を異性として意識するポイント
  • 彼氏が欲しいなら、恥をかくべき!恥をかかずに恋人はできない理由
  • 【年下男子を落とすコツ!】年上女性が安全に恋をする秘訣4つ
  • 男女に聞いた! 片思いが実ったことってある?