一通り恋愛はしてきたけれど、片思いの彼に上手くアプローチができない。
アラサーになったからこそ「好き避け」をしてしまう人がいます。

 

10代の頃は、ただ恋愛に慣れていない、恥ずかしいという気持ちが「好き避け」になっていました。
アラサーになると、相手の気持ちを考え過ぎていたり、周囲の目を気にし過ぎて「好き避け」してしまう場合もあります。

 

アラサーの「好き避け」は、いろいろと複雑です。

 

好き避け攻略法①挨拶をすることで相手に慣れていきましょう。

 

自分から声を掛けることはいきなりハードルが高いので、初めはすれ違った時などに、片思いの彼に挨拶をしてみましょう。

知り合いであれば、すれ違いざまに挨拶をすることは自然なことです。

 

好き避け攻略法②男性として意識しすぎない。人間としてみる。

 

好きな人として意識しすぎずに、普通に振る舞ってみましょう。

なかなか難しいのですが、あまりにも冷たい態度ばかりでいると、本当は好き避けなのに、相手にマイナスな印象を与え、嫌われてしまう可能性もあります。

 

人として最低限、失礼のないように片思いの彼と接しようと考えれば、好き避けを少しは克服できるでしょう。

 

好き避け攻略法③自分に自信を持ちましょう。

 

とは言っても、すぐに自信がつけられませんよね。恋愛に自信のない女性の理由はさまざまです。

 

まずはシンプルに、自分に暗示をかける方法などが簡単です。容姿に自信のない人は「私は可愛い」と気持ちをこめなくてもいいので、お経のように唱えると効果があるでしょう。

 

好き避け攻略法④妄想で暴走しすぎない。

 

好き避けをしてしまう女性は恋愛において自信がないので、ちょっとした彼の態度や声のトーンなどで、「何か嫌われることをしたかもしれない」と考えすぎたりします。
また、実際には彼とコミュニケーションをとることが苦手だと、「彼は私のことをどう思っているかな?」と気になって、いろいろ考えすぎてしまう女性もいるでしょう。しかし、妄想が暴走しすぎないように、彼のいないところでは極力、彼のことは深く考えすぎないようにすると良いでしょう。

 

好き避け攻略法⑤2人きりになった時こそ逃げないようにしましょう。

 

2人きりになった時は、周囲の目を気にせずに話せるチャンスです。しかし、好き避けをしてしまう女性は、いざ好きな男性と話す場面になると、オロオロしてしまったり、ギクシャクした会話になってしまったりして、後悔した経験はあるはず。

 

対策としては、あらかじめ、2人きりになった時の会話をシュミレーションしておくのも良いでしょう。
内容は短く簡潔に、話し役より聞き役に回るように意識することで、片思いの彼とも緊張せずにコミュニケーションが取れると思います。

 

好き避け攻略法⑥メールやSNSも活用する。

 

もし、片思いの彼のメールアドレスやLINE、SNSなどでつながっているのであれば、仲良くなる手段として利用してみましょう。

脈略のないメールよりは、Facebookなどの彼の投稿に「いいね!」のボタンをさりげなく押してみるところから始めてみるのもいいでしょう。

 

個人的なメールであっても、目的のハッキリとした内容である方が相手も返信に困りません。

 

さいごに

 

さまざまな人間関係を経験したからこそしてしまうアラサーの「好き避け」。

しかし、男性側からすると、アラサー女性は人生の酸いも甘いも経験した大人という認識があるので、まさか学生時代のような「好き避け」をするはずがないと、思い込んでいる人も多いのです。

 

なので、アラサー女性の極度な、好き避けは男性に誤解されることも大いにあります。まずは彼に「嫌われている」と勘違いをされないように、人として彼と接する努力から始めていきましょう。

 

(ライター/キタミカ)

公開日:2018年6月1日
更新日:2019年9月30日

 

■「好き避け」はダメ! 恥ずかしがってると好きな人に嫌われる理由
■二人を結びつけるさりげないアプローチってなに?
■男性が「かわいい」と思う女子のアプローチ方法

 

片思い】の最新記事
  • 10歳年の差のある彼に片思い。彼の気持ちを知る方法とは?
  • どうしていつもこうなの?片想いが実らない女子の特徴とは?
  • 一週間で友達→恋人に!?「早く試しておけばよかった」恋愛成就の方法とは
  • これだけは気を付けて!イイ感じでも男性の心を遠ざけること
  • 曖昧な関係から脱却!友達以上恋人未満の片思いを進展させた方法
  • 歳の差のある彼へ片思い…彼の気持ちを知る方法って?
  • 反則級!? 好きな人から意識してもらうための「魔法の言葉」
  • 好きな気持ちを偽っていませんか?アラサーの「好き避け」克服法