年が明けたと思ったらもうバレンタインですか。時が経つのは早いですね。

Perfumeの『チョコレイト・ディスコ』という曲に、「期待している女の子、気にしないふり男の子」という歌詞がありますが、バレンタインという日は男女ともにいろんな気持ちが錯綜するものですよね。

 

最近では「友チョコ」「セルフバレンタイン」なんて文化も出てきたりして、「本命の相手にチョコレートを渡して愛の告白を!」というイメージが薄れてきているせいか、せっかく勇気を振り絞ってチョコを渡しても「お、サンキュー」なんて流してしまう鈍感男子も増えてきているようです。

 

そこで、どんなに鈍感な男性でも「これは本命チョコ…だよな?」と気づく本命チョコの仕込み方をひっそりお伝えしておきます。

何事も準備8割、上手に仕込んで特大ホームランを狙いに行こうではありませんか。

 

手作りかどうかは関係ない

 

まず男性はそれが手作りで作られたものか、どこかで購入されたものか、にあまり興味がありません。

あなたの職場にも一人ぐらいいませんか?毎年手作りチョコを配っているもの好きさんが。

 

そんな人の影響もあり、男性の中は「女性は義理チョコでも手作りで作る」というイメージがあります。

男性が女性からの好意を受け取る際は、「チョコの質」ではなく「渡され方」でその気持ちを組もうとするのです。

 

大事なのは明確な「差別化」をすること

 

とはいえ、本命の相手「だけ」に手作りチョコを渡しているなら、それはまた別の話。

なぜなら「周囲の待遇と自分の待遇が明らかに違う」ことがわかるからです。

本命だとわからせるためには、この「明らかに違う感じ=差別化」をどれだけ演出できるかにかかっています。

 

他にも、包装にこだわる、人気のない場所で一対一で渡す、といったことなどのも明確な差別化に繋がります。

とはいえ、その「明らかに違う感じ」を出して周囲に好意がバレるのは嫌だ、噂されたら困ると思っている人もいるでしょう。

そんな時に有効なのが、ベタではありますがやはり「手紙」です。

 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 男性をキュンとさせるコツ!彼がドキドキして「好き」と思うきっかけ
  • 「好き避け」はダメ! 恥ずかしがっていると好きな人に嫌われる理由
  • 義理のお返しなんていらない!ホワイトデーに告白されるための秘訣
  • タロット|バレンタインでした方がいい行動
  • バレンタインで今度こそ告白成功したい!告白が上手くいく作戦をご紹介
  • バレンタインは成功する?タロット
  • バレンタインまでに脈アリを見極める方法
  • 12星座別!幸せなバレンタインを過ごすコツ(出会い、片思いの観点で)