「いいな」と思った異性をスマートに誘って、苦労なくデートして、トントン拍子にお付き合いをスタートさせる……そんな人はめったにいません。

誰もがそれなりに悩んで、苦労して恋愛しているものです。

 

けれど、
好きだと思っていることが好きな人にバレると恥ずかしいとか、二人きりになるとうまくしゃべれないから恥ずかしいとか、
「恥」を気にしてしまい、行動を起こせない人が結構います。

実はコレ、とってももったいないことなんですよ。

 

恋愛とは、恥ずかしいものである

 

人気漫画家の柴門ふみさんは、著書「大人の恋力」(新潮社)で、恋愛上手な人に共通する特徴の一つに、「どんな恥ずかしいことも耐えられること」と挙げています。

 

それは、好きな人を食事に誘ってお断りされたらみっともないとか、好きだと思っていることがバレて気まずい、などの考えがあまりないことを表します。

 

そもそも、恋愛にまつわるさまざまな行動は、デートに誘うにしても、告白をするにしても「恥ずかしいもの」なのだと。

 

そして、それらを恥ずかしいからと避けていたら、恋愛なんかできないじゃない? とも。

 

……柴門さんのおっしゃる通りです。

 

恋成就とは、恥を克服していく行為である

 

恋愛がそもそも恥ずかしいものだとすれば、恋成就は恥を克服していく行為。

好きな人との距離を縮める上で、恥をかくことは必須になります。

 

「恥ずかしいから話しかけられない」「告白なんて恥ずかしい」
と、言っている場合じゃないのです。

赤面しながらも好きな人に絡んでいき、うまくしゃべれなくても果敢に話しかけて、ひたすら恥をかく。これを繰り返す中で、恋愛は進展していくでしょう。

 

恋に「恥のかき損」はない!

 

もちろん、恋は自分と相手の二人でするものなので、うまくマッチングしない場合は『失恋』という悲しい結末を迎えることもあります。

 

「じゃあ、恥ずかしいのを我慢してがんばっても、恥のかき損になるじゃない!」
……と、言いたくなる人もいるかもしれません。

 

でも、恋愛においては失恋でさえも、絶対に無駄にはならないのです。
恋愛では、試行錯誤をどれほど多くしたかが、恋をするうえでの真の実力につながります。

 

そして、たくさん恥をかいて頑張ってきた人のほうが、恋人を大切にできます。
苦労して苦労して、やっと手に入れた恋人ですから。
なんの苦労もなく、トントン拍子に付き合えた恋人より愛着があり、手放しがたく感じるのは当然の話。

 

また、「自分を大切にしてくれる」と思う恋人は、あなたのことも大切にしようとします。
与えられた愛と同じだけの気持ちを返そうとするんですね。

 

だから、失恋したとしても「恥のかき損」はありません。
多少時間が経とうとも、必ず報われるときがきます。

 

さいごに

 

恋愛経験があまり多くない人や、何年も彼氏がいない女性は、素直に自分の気持ちを表すことが苦手で、「好き」がバレることやカッコ悪い姿をさらすことを、極端に嫌います。

 

でも、そこを回避して恋愛はできないのです。
初めは怖いかもしれませんが、ぜひ思い切って飛び込んでみてください。

 

できないと思ったことも、やってみれば意外にできるもの。
もしかしたら、あまりに簡単にできちゃって拍子抜けするかもしれませんよ。

恋愛で恥をかくって、そういうものです。

 

自分が幸せになるためには、どんどん恥をかいて、恥をかくことを当たり前だと思うようにしましょう。
そうすれば、ふと気づいたときに
「私って、こんなに恋が上手だったっけ?」
と驚くに違いありません。

 

参考)「大人の恋力」(柴門ふみ/新潮社)

(沙木貴咲/ライター)

公開日:2017年12月30日
更新日:2019年1月8日

 

■彼は運命の人!?運命の人の見分け方6つ
■結婚心理テスト|限られた結婚のチャンスを確実につかむには?婚活診断
■【12星座別】彼氏にしたら大切にしてくれる人ランキング・ベスト5+2

 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 奥手な女性が男性に好きだとアピールするには
  • 片想いを叶える、愛の夢ワード(3/22-4/18)
  • 血液型別!効果的アプローチ
  • 「気になる男性を前にすると自分らしさを出せない」女性への処方箋
  • 上手な大人女子の片思いの進め方
  • 奥手な女子でもできる!さりげなくてかわいいボディタッチ方法
  • 男性に告白させる“ずるいセリフ”【いきなり告白⇒玉砕】を回避するために
  • 12星座別!ホワイトデーに告白してもらうにはどうしたらいい?