大好きな相手に自分の好意を伝えるために、様々なアプローチをしている人がいます。
 
しかし「そのアピールじゃ、相手にちゃんと気持ちが伝わっていないよ」と思われてしまうようなアピール方法もあります。以下のような方法だと相手にはあなたの好意は伝わりづらいかもしれません。
 

相手に伝えるとは?

 
相手に好意が伝わるというのはどういったことを言うのでしょうか?
「伝わる」というのは、相手の頭の中にスクリーンのようにイメージが広がって、どんなに自分のことを想ってくれているかが伝わるということ。
 
以下のような行動だと、何か行動を起こしているのは気づかれても、それが好意だとは相手には伝わらないかもしれません。
 

LINEをとりあえず送る

 
好意を持っている人に、何か連絡を取りたいと頻繁にLINEを送っても、相手にもその好意が伝わっていない可能性があります。
 
特に男性は何か用事がある時しか連絡をしない人が多いので、「元気?」「何をしているの?」などの連絡を取っても、好意があると気づかれるよりも「暇なのかな?」と思われてしまう可能性もあります。
 
電話やLINEなどで仲を深めようとするのではなく、あくまで連絡手段として使用し、実際に会って会話をしていく中で、仲を深めるようにしましょう。

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 男性をキュンとさせるコツ!彼がドキドキして「好き」と思うきっかけ
  • 「好き避け」はダメ! 恥ずかしがっていると好きな人に嫌われる理由
  • 義理のお返しなんていらない!ホワイトデーに告白されるための秘訣
  • タロット|バレンタインでした方がいい行動
  • バレンタインで今度こそ告白成功したい!告白が上手くいく作戦をご紹介
  • バレンタインは成功する?タロット
  • バレンタインまでに脈アリを見極める方法
  • 12星座別!幸せなバレンタインを過ごすコツ(出会い、片思いの観点で)