14日、双子座の新月

 

14日は4:44に双子座で新月が起こります。

また、前日の13日に蟹座へ移動してしまいますが、水星がこの新月のすぐ近くを運行中。

双子座の守護星は水星で、情報・コミュニケーション・言葉・会話を司るのもあり、14日は自分にプラスになるメッセージを受け取ることが大事!

 

この前後は、たくさんの情報が入り混じって流れ込むかもしれません。

でも、そのすべてが大切だというわけではないので、何が真実か、どれが自分にとって必要なものなのかを見極めることが重要です。

 

そしてこの時期は、自分から情報をつかみ取りに行くスタンスも良いのかと。

SNS、ニュースメディア、口コミ、テレビ、雑誌……何でも良いので、今の自分にはない情報・知識を取り込むようにしましょう。

 

そんな6/9~6/15の運勢を、12星座別に詳しく見ていきます!

 

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

 

新月が起こる14日以降、一見すると「苦手」「積極的になれない」という情報が入ってくるようです。でも、そんな中にこそチャンスが眠っているはず。

いつもはスルーしがちな話にも耳を傾け、興味を持つようにしてみてください。自分にとってプラスとなる知識が得られるでしょう。

 

恋愛は、知的に進める感じ。いつもは情熱のまま突き進む牡羊座さんですが、この週は行動を起こす前に考えた方が良さそう。

LINEや口頭での会話など、言葉を大事にすると、好きな人との関係は進展しやすくなるかも!

 

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

 

周囲とのやり取りや日々の仕事に翻弄されて、自分を見失ってしまうかもしれません。「なんだかよくわからないうちに一日が終わっている……」と感じる時ほど、一人の時間を大事にして。頭と心をリセットすることが大事です。

 

14日の新月は、お金について真剣に考え始める様子。あるいは、このタイミングで自分の経済状況を立て直すなら、良い流れが作れそうです。

ただ、あまり親しくない人から持ちかけられる、「おいしい話」には要注意。誤った情報が混じっているかもしれません。

 

恋愛は、13日を境にして雰囲気が変わるでしょう。13日まではサッパリしたムードで好きな人と接するようですが、13日以降は何かと感情が先行してしまうはず。

不安になっても、「前はこのやり方でうまくいった」という、過去の経験にならわない方が良さそう。

 

双子座(5月21日~6月21日生まれ)

 

お誕生日を迎えている双子座さん、おめでとうございます!

 

14日は双子座で新月が起こり、「自分整理」ができるタイミング。2018年上半期を振り返ったり、この時点で自分に入ってきている情報を振り分けたりしてみては?

モヤモヤしていることがあれば、迷いに答えが出て、ゼロから仕切り直すなど、適切に動けるはずです。

 

ただ、この時期は仕事に関して、自分の考えややりたいことと噛み合わないかもしれません。知識や情報で何とかしようとするより、自分の直感に従い、過去の経験から判断した方が良いようです。

 

恋愛は、急進展や突然の出会いがあるのかも。予想しない展開に驚かされそう。

 

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

 

守護星が月の蟹座は、14日の新月に妙な不安が湧き上がるかもしれません。

特に好きな人との関係について、根拠のない心配をしたり、今まで知らなかったことを知って困惑したりするはず。けれど、そうした不安のほとんどが杞憂に終わるでしょう。

片思いの相手や恋人にまつわる噂に関しては、鵜呑みにしないで、本人にキチンと確認を。

 

恋愛は、夢見心地になれる瞬間と、現実的な焦りや恐れを感じる瞬間が入り混じります。好きな人がもともと友人、同僚という場合は、周りの目が気になってしまうかもしれません。

 

恋のチャンス日は15日。冷静に事実だけを見つめて、サクサク恋を進めていけそうです。

 

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

 

もし、心の中でモヤモヤするものがあるなら、13日から冷静に整理し始めてみて。すべて払拭するためには、アレも変えなきゃ、コレをこのままではいけない……と思うかもしれないけど、焦らなくて大丈夫。一つ一つ片づけていきましょう。

 

14日は新月が起こると同時に、獅子座に金星が入るタイミング。恋愛運がグッと底上げされるので、恋の進展が期待できます。

14日以降は人間関係が基本的に活性化されるのもあり、好きな人との関係は盛り上がるのかも! 出会いを求めている人も、飲み会や婚活イベントなど、人がたくさん集まる場所へ足を運んでみて。

 

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

 

13日以降、好きな人と友人知人との間で板挟みになるかもしれません。たとえば女友だちが、あなたの好きな人にケチをつけたり、「あんな人、やめておきな」と否定したり……という風に。

けれどそうした状況は、あなたの人間関係を入れ替えるきっかけになるはず。今の自分に合わない人とは、距離を置いた方が良いでしょう。

 

14日の新月は、仕事で新しい局面を迎えるタイミング。この日以降、いろいろな情報が流れ込んでくるかもしれませんが、その中で何が正しいのか、自分にとってプラスになるのかをよく吟味して。

 

恋愛は、頭でっかちになりがちかも。真面目な乙女座さんは、細かなところもキッチリしたくなるでしょうが、この週は「あえて軽くなる」が大切です。ノリで恋をしてもいいのでは?

 

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

 

14日の新月は、自分の将来やキャリアアップを考えるには良い時期。自分から率先して考えなくても、必然の流れで考えさせられるかもしれません。

すぐに「こうなりたい」という理想が見つからなくても大丈夫! この先1カ月くらいの間に目標を見つけて、半年先には叶えられることを、まず実行していくようにしましょう。

 

13日以降は、女子会や同僚との付き合いが楽しくなりそう。交際費がかさむとしても、この時期に身近な人たちと話したこと、議論したことは必ずプラスになります。

 

恋愛は、やる気が高めに維持されている時期。積極性があり、行動も自分から起こせるはず。

ただ、まったく予想しない展開が起きやすく、急進展や突然の出会いがあるかもしれません。

 

蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

 

14日の新月で、自分の心の奥底を覗き込むような場面があるかもしれません。あまり直視したくない部分、ずっとスルーしていた部分に目を向けて、細かく分析するようです。

 

自身のイヤなところを見つめるのは良い気分がしないでしょうが、キチンと把握することで迷いが消え、目標が定まったりもするはず。あえて恥部を見るようにしましょう。

 

恋愛は、決して悪くない運気。ただ、何もかもがうまくいくわけではなく、運気の良さを実感しにくいかも。

想定外の展開が起こって翻弄されたりと、気持ちが落ち着かないようです。片思い中の人、交際中の人は特に、急な関係の変更がありそう。

 

射手座(11月22日~12月21日生まれ)

 

新月が起こる14日は、人間関係で新たな展開が起こりそう。出会いが期待できますし、友情や仕事の付き合いが恋に発展する可能性も。

 

ただ、人と会う機会が急に増えたり、人脈が広がったりするだけに、「誰が自分にとって重要人物なの?」と迷うかもしれません。一人で考え込むのではなく、相手と言葉を交わしながら判断すると良いですよ。

 

恋愛は、何もしないでいれば何もなく、「このままじゃいけない!」と焦ってもジタバタするだけ……になりそう。

とりあえず婚活パーティーに行くとか、マッチングアプリに登録するなど、行動を起こすのも大事ですが、よく考えて頭を整理することも大切です。

 

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

 

13日から、恋愛を含む人間関係を、冷静かつ現実的に捉え始めます。必然的にそうならなければいけない状態になるのかもしれません。

たとえば、好きな人に恋心を隠して厳しいことを言わなければいけないとか、仲の良い同僚を叱ることになるなど、「なんだかなあ……」と思ってしまうはず。

 

ただ、14日の新月には、「日常生活の当たり前」が変わる可能性もあり、気持ちはさらに切り替えられていくでしょう。

恋愛、仕事、交友関係と、一つのことだけに意識を集中させると、停滞感が出て気持ちもモヤモヤしがちに。一つに執着しないで、目を向ける対象をどんどん変えていくのが良さそうです。

 

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

 

14日の新月は、恋愛が「次のステージ」に進むタイミング。好きな人からうれしい言葉をもらったり、偶然から二人でおしゃべりができたりするはずです。

ただ、“恋に恋する”ところもあるので、現実逃避には要注意。自分に都合の良い情報だけをピックアップして、現実を無視……ということはやめましょう。

 

また、「こうなりたい」と望んでアプローチしても、まったく違う方向で恋が展開する可能性が。残念に思うでしょうが、決して悪い結果ではないはず。見方を変えれば良い流れと判断できるようなので、あくまで柔軟に。

予想が外れても、臨機応変に動いてみると良いでしょう。

 

魚座(2月19日~3月20日生まれ)

 

13日からしばらくの間、恋愛運がぐんとアップします! 好きな人に対しては、これまでとは違うコミュニケーションの取り方をすると、信頼と愛が深まりそう。

「いつもこんなLINEを送っている」「自分だったらこう言う」という当たり前を、あえて外した方が良いですよ。

 

14日の新月は、恋愛、あるいは仕事や人間関係の“スタンス”を変えるタイミング。自分から変えようと思わなくても、変えざるを得ない状況になるかもしれません。

経緯はどうであれ、それはあなたにとって新しい局面を引き寄せるカギとなります。「変わりたくない!」と頑固になるより、柔軟に変化を受け入れた方が良さそうです。

 

(沙木貴咲/占い師)

 

■【12星座別診断】幸せな結婚ができる彼氏はこんなタイプ!
■四柱推命|周囲から見たあなたの印象と評判
■「もうお手上げ!」なあなたにカードがアドバイス。今あなたは休むべき?頑張るべき?

 

関連キーワード
  • 【12星座別 7/13~7/19の運勢】山羊座の満月で足元を固める
  • 【12星座別 7/6~7/12の運勢】水星の逆行がスタート!ケアレスミスに注意して
  • 【12星座別 6/29~7/5の運勢】蟹座の新月は人生の新しい扉を開ける
  • 【12星座別 6/22~6/28の運勢】2019年下半期に向かいギクシャクが和む
  • 【12星座別 6/15~6/21の運勢】射手座の満月で次のステージへ進む
  • 【12星座別 6/8~6/14の運勢】最凶のグランドクロスに要注意!
  • 【12星座別 6/1~6/7の運勢】双子座の新月で気持ちを切り替えて!
  • 【12星座別 5/25~5/31の運勢】甘さ控えめ、サッパリとした運気