天秤座の新月はやさしくない

 

9日、天秤座で新月が起こります。これは、新しい展開や今の自分に必要な目標をもたらしてくれますが、決してやさしくはありません。山羊座の冥王星と厳しい角度を取るので、「コレを頑張ったらご褒美がある」とか、「今まで積み上げたものに頼らない努力が必要」といったニュアンスがあるはず。

 

気楽な新月ではないんですが、頑張ったなら11月以降でかなり効いてくるでしょう。面倒くさそうと適当にやり過ごすのはもったいないといえます。

 

そんな厳しめ新月がある10/610/12の一週間の運勢を、12星座別に詳しく見ていきましょう!

 

牡羊座(321日~419日生まれ)

 

新月が起こる9日以降、パートナーシップに課題が出てきます。好きな人との関係を意味する可能性もありますが、どちらかというと仕事つながりの人と何かありそうな予感。

 

この時期は、基本的に人間関係がさかんになり、人と交流するほど自分に良い影響があるでしょう。たとえ、上司や同僚との間にトラブルが起きても、逃げずに解決することが大事。一見すると厄介に思える問題ほど、あとからプラスになるはずです。

 

また最近、好きな人との関係がせわしなく、良くも悪くもバタバタしていたなら、10日以降に落ち着いてきそうです。

気の抜けない感じがサーっと一気に引いて、ちょっと呆気にとられるかもしれません。

 

牡牛座(420日~520日生まれ)

 

6日から、守護星の金星が逆行を始めます。いつもの調子が出ないとか、順調に進んでいたことが停滞するなど、トーンダウンする部分が出てくるかもしれません。

この流れは11/16まで続くので、うまくいかないことがあっても慌てないように。時期も時期ですし、これまでを振り返って「見直し期間」と考えたほうが賢いといえます。

 

9日の新月をすぎると、仕事も含んだ日々のルーティンとなっていることの立て直しを始めるはず。それをする中で新しい目標が見つかり、これからの自分が進むべき方向性が決まる、という人も多いでしょう。

 

恋愛は、片思いや交際中など好きな人がいる場合、関係が盛り上がりやすいようです。単にラブ度が増すだけでなく、10日以降は理性的に行動できるのもあり、テキパキ動くほど関係が進展するでしょう。

 

双子座(521日~621日生まれ)

 

9日の新月以降、恋愛に対する意識が変化するかも。もし、好きな人とすれ違っていたり、恋より優先することがあったりするなら特に。そうじゃなくても、今のままでは幸せになれないと気づくようです。

 

「なんとかしなくちゃ!」と思い立てば、双子座さんは早いですから、行動する中で自分なりの答えを見つけていけるでしょう。

 

10日をすぎると、日常が急に慌ただしく感じられるよう。やりたいことや、好奇心をくすぐられるものがたくさん出てきて、忙しいけれど毎日が充実し始めます。

ただ、あまり手を広げると自分がつらくなるので、優先順位をつけて、無理のない範囲でこなしましょう。

 

蟹座(622日~722日生まれ)

 

10日の昼から12日の夜まで、恋愛が気になって仕方なくなりそう。情熱と理性がごちゃまぜになり、気持ちが落ち着かないようです。

目の前で起きることに、とにかく対応するというより、好きな人との関係を安定させていくとか、ちゃんと恋人として付き合える相手を見つける、といった「最終目的」を見失わずに動いてください。広い視野を持てば、空回りしないで済むはずです。

 

12日は、やたらと気が大きくなって大胆な行動に出やすい日。

なかなかアプローチできなかったのがやっとできる……というなら良いのですが、合コンなどで見栄を張ったり、好きな人に言わなくてもいいことを話したりするかもしれません。

自分の大胆さが良い方向でアピールできるよう見極めて。やりすぎに注意!

 

9日の新月は、自分の軸となるものを再確認するようです。

 

関連キーワード
今週の運勢】の最新記事
  • 【12星座別 2/16~2/22の運勢】乙女座の満月で整理するものは…何?
  • 【12星座別 2/9~2/15の運勢】バレンタインの恋愛運は?
  • 【12星座別 2/2~2/8の運勢】水瓶座の新月が「革命」を起こすもの
  • 【12星座別 1/26~2/1の運勢】冷静or楽観…2つの運気がめぐる
  • 【12星座別 1/19~1/25の運勢】獅子座満月で2019年上半期を決める
  • 【12星座別 1/12~1/18の運勢】自分と向き合いペースを作る
  • 【12星座別 1/5~1/11の運勢】2019年最初の新月に願うこと
  • 【12星座別 12/29~1/4の運勢】2018年から2019年へ!開放的な幕開け