27日、Tスクエア!

 

27日は、牡羊座の天王星と蟹座の月、天秤座の金星が、くっきりとしたTスクエアを形成します。

Tスクエアは、2つのスクエア(90度)がダブルで重なること。スクエア(90度)という角度は、そもそも凶をあらわすので、Tスクエアは大凶の暗示……。

 

とはいえ、ピリピリと緊張ムードに包まれるだけだったり、たるんだ気持ちに喝を入れるきっかけになったりもするので、おそれる必要はありません。

 

そんな11月最終週がどんな運勢になるのか、12星座別に詳しく見ていきましょう!

 

牡羊座(321日~419日生まれ)

 

27日は注意デー。自分が大切にしていることを、周りが理解してくれないかもしれません。それも、理解してほしい人に無視されたりして、落ち込みそう。

 

イヤな気分をいつまでも引きずりたくないなら、仕事に専念して気持ちを切り替えて。好きな人とすれ違ったなら特に、恋はいったん脇へ置くべき。仕事をすることで気持ちをクールダウンさせてから、解決策を考えましょう。

 

今の時期、プライベートでも職場でも、大切に思う人と向き合う機会が増えます。遠慮なく意見を述べ合ったり、ぶつかり合ったり、心が溶け合うように寄り添ったり……。さまざまなシチュエーションがありそうです。

この週は、誰と向き合うことになっても、真摯(しんし)に本音だけを言って。たとえ衝突しても、最終的にはお互いに納得できるはず。

 

牡牛座(420日~520日生まれ)

 

年末という時期もあるのか、ライフスタイルの見直しをしたくなりそう。夜更かしや食べ過ぎなどの悪癖をやめて、健康的に生活したい気持ちが高まるはず。

また、部屋の大掃除や模様替え、洋服の整理をするにも良いタイミング。自分の住まいを「もっと居心地良くしたい」と思って、家具や家電の購入も検討し始めるかも。

 

30日、好きな人と友だちの板挟みに遭ったり、婚活イベントと女子会のどちらに行くかで迷ったりしそう。『恋愛』と『それ以外』で悩むなら、気持ちは恋に傾くのですが、実は迷う前から答えが出ているはず。

「こっちを選択しないとマズい」という答えが気づくのなら、それを見て見ぬふりはできないでしょう。

 

 双子座(521日~621日生まれ)

 

連休中なのに仕事が気になってしまうかも。特に、「あの人にあの話、伝えたっけ?」と記憶があいまいになる可能性が。電話連絡だけで終わっている案件・取引先については、もう一度チェックしてみては? 電話で話した内容をメールでも送っておくと確実です。

 

恋愛運は決して悪くありません。もし「イマイチ」と感じているなら、他人の目を気にしすぎていることが原因かも。あるいは、本当に恋人に選ぶべき人は、すでに顔見知りの誰かだったりして……!

 

片思い中の人や交際中の人は、好きな人との関係が盛り上がるのに仕事が忙しい。時間が取れない……というジレンマに悩まされそう。この傾向はしばらく続くはずなので、「仕事を片付けてから」と恋を後回しにしていると、何もないまま年末を迎える可能性が。

どっちつかずになっても構わないから、自分の中で恋と仕事の折り合いをうまくつけて。

 

蟹座(622日~722日生まれ)

 

今週は、「思い通りにならない」「窮屈」と感じる場面がしばしばありそう。24日、27日、30日は何かとモヤモヤするかもしれません。

 

特に27日は、ストレスやプレッシャーを感じやすい日。仕事かプライベートか……と選択を迫られたり、自分と大切な人のどちらを優先するのかと迷ったりする可能性が。

 

困った状況だけに注目すると、身動きが取れないと感じるでしょうが、視点を180度変えたなら打開点はいくらでもあるはず。

立ち止まりそうな時ほど、自分を客観視してみて。

 

恋愛運は『小休止』状態。出会いを求めるにしても、片思いを成就させようとしても、イマイチ進展しないかもしれません。

11月内に恋人を作りたいと考えるなら、気合を入れて積極的に動いてみて。

 

関連キーワード
今週の運勢】の最新記事
  • 【12星座別 2/16~2/22の運勢】乙女座の満月で整理するものは…何?
  • 【12星座別 2/9~2/15の運勢】バレンタインの恋愛運は?
  • 【12星座別 2/2~2/8の運勢】水瓶座の新月が「革命」を起こすもの
  • 【12星座別 1/26~2/1の運勢】冷静or楽観…2つの運気がめぐる
  • 【12星座別 1/19~1/25の運勢】獅子座満月で2019年上半期を決める
  • 【12星座別 1/12~1/18の運勢】自分と向き合いペースを作る
  • 【12星座別 1/5~1/11の運勢】2019年最初の新月に願うこと
  • 【12星座別 12/29~1/4の運勢】2018年から2019年へ!開放的な幕開け