長続きするカップルは、「話し合うこと」をとても大切にしています。

ですが、話し合いの場を設けても、いつもケンカになってしまい、親密性を高めるどころか、関係が悪化してしまうカップルがほとんどです。

 

そこで今回は、アメリカの心理学者のAmie M氏が「彼氏と話し合う際、気をつけるべき4つのこと」を報告していたのでまとめました。

 

批判しない

 

「文句を言うのは問題ない。だけど、文句ではなく批判になってしまうと問題が生じる」

 

文句は注意を促しているだけなので、特に問題はありません。

ですが、批判になってしまうと、彼氏を傷つけてしまい、争いのキッカケになりやすく、「言い方」には非常に注意が必要と言えるでしょう。

 

また、Amie M氏は「人間性ではなく、出来事や行動に文句を言うようにしよう」と文句を言うにしても、どこに文句を言うべきのかを指摘しています。

 

「靴下は洗濯カゴに入れてよ」はOKで、「そういう適当なところ直してよ」はNGというわけです。

 

自分を守ろうとしない

 

「なにか過ちを犯すと、言い訳して自分を守ろうとする。だが、そういった自己保身は、本来の原因から目を遠ざけてしまう」

 

悪かったことを指摘され、素直に「悪かった。ごめん」と受け入れることは意外と難しいです。

つい、「いや、そうじゃなくて…」「あなただってこの前…」と言い返したくなりますね。

 

ですが、非を認めないことは、問題の解決がなされず、お互いの信頼関係にヒビを入れかねません。

自分が悪かったことを認める器量も、話し合いをする上では必要になってきます。

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • もっともっと愛し合いたい! 彼との仲を深めるために必要なこと3つ
  • 最上級の幸せを大切な彼に!彼氏を喜ばせるサプライズ
  • 彼氏の元カノに嫉妬!見えないライバルに怯えないための対処法4つ
  • タロット|いつも彼と長続きしない……あなたに合った恋人関係の築き方
  • 送った後に後悔。寂しいときについ彼氏に送ってしまうLINE
  • すぐ別れるべき!逃げた方がいい彼氏とは?
  • 彼氏をダメ男にする女性のNG行動 |ラブホスタッフの上野さん
  • 男性が恋人から「試されている」と感じる瞬間とは?