長続きするカップルは、「話し合うこと」をとても大切にしています。

ですが、話し合いの場を設けても、いつもケンカになってしまい、親密性を高めるどころか、関係が悪化してしまうカップルがほとんどです。

 

そこで今回は、アメリカの心理学者のAmie M氏が「彼氏と話し合う際、気をつけるべき4つのこと」を報告していたのでまとめました。

 

批判しない

 

「文句を言うのは問題ない。だけど、文句ではなく批判になってしまうと問題が生じる」

 

文句は注意を促しているだけなので、特に問題はありません。

ですが、批判になってしまうと、彼氏を傷つけてしまい、争いのキッカケになりやすく、「言い方」には非常に注意が必要と言えるでしょう。

 

また、Amie M氏は「人間性ではなく、出来事や行動に文句を言うようにしよう」と文句を言うにしても、どこに文句を言うべきのかを指摘しています。

 

「靴下は洗濯カゴに入れてよ」はOKで、「そういう適当なところ直してよ」はNGというわけです。

 

自分を守ろうとしない

 

「なにか過ちを犯すと、言い訳して自分を守ろうとする。だが、そういった自己保身は、本来の原因から目を遠ざけてしまう」

 

悪かったことを指摘され、素直に「悪かった。ごめん」と受け入れることは意外と難しいです。

つい、「いや、そうじゃなくて…」「あなただってこの前…」と言い返したくなりますね。

 

ですが、非を認めないことは、問題の解決がなされず、お互いの信頼関係にヒビを入れかねません。

自分が悪かったことを認める器量も、話し合いをする上では必要になってきます。

 

侮辱しない

 

「パートナーを侮辱することは、別れの予兆になる」

 

相手を侮辱してしまうと、話し合いは本来の趣旨から外れて、収集がつかない大ゲンカに発展してしまうこともしばしば。

侮辱は、冷静さを欠いてしまうと発してしまいやすいので、話し合いをする際は、常に落ち着くようにしましょう。

 

また、Amie M氏は有益な話し合いをするため、「侮辱するのではなく、感謝の気持ちを育てよう」と彼氏に感謝の気持ちを持つことが、冷静さを保たせてくれると指摘しています。

 

ぜひ、話し合いをする際は「自分がしてあげたこと」だけでなく、「自分がしてもらったこと」にも意識するようにしましょう。

 

キチンと取り合う

 

「議論しようとしない態度は、威圧感を与え、ネガティブな感情を与える」

 

話し合いをする時「わかったわかった」「そうですねー」など、不誠実な態度をとってしまうと不信感を与え、彼氏の気持ちを遠ざけてしまうでしょう。

 

アイコンタクトをキチンとし、彼氏の言うことに相槌を打ち、スマホは目の届かないところにおいて、話し合うことが基本です。

 

まとめ

 

有益な答えが出なくても、話し合うことで相互理解が深まり、カップルの絆はより強固なものになります。

始めは上手く話し合いができなくても、続けていけば、ストレスレスな関係を築くことができるでしょう。

 

(高萩陽平/ライター)

 

参考文献

https://www.psychologytoday.com/intl/blog/between-you-and-me/201506/4-things-you-cant-do-when-you-argue-your-partner

 

■長続きするコツ!彼を冷めさせないために気をつけたいこと
■結婚占い|私は今の彼と結婚するのでしょうか?
■アメリカの心理士が教える、恋愛を長続きさせるための5つのステップ

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • カウンセラーが教える!ダメ男で出来上がるまでの心理過程
  • そろそろプロポーズされたい!彼氏に結婚を促す方法
  • ラブラブだった彼氏が急に冷めるきっかけ5選
  • 彼氏のプライドを傷つけず上手に不満を伝える方法
  • 彼氏を自分好みに育てる方法。理想の人に出会うより育てる方が早い!?
  • 実は大好きのアピール!彼氏のわかりづらい愛情表現3つ
  • デート中の言動には要注意!彼氏が冷める彼女の言動とは
  • 「浮気性の男性」と「いちずな男性」の違いは、満足感と倫理観