恋人と付き合っていると、相手に対する不満が多かれ少なかれ出てくるのでは。
 
付き合っていれば、相手の良し悪しがわかってきて、それに対する不満だったり、恋人関係に対する不満は、出てきて当たり前だと思います。
 
問題はそうした不満を、どう相手に伝えるか、ですよね。
言い方や態度によっては、ケンカになりかねないですし、相手のプライドを傷つけてしまう恐れも。
 
そこで今回は、彼氏のプライドを傷つけず、上手に不満を伝える方法を考えてみました。
 

LINEやメールで自分の気持ちを伝える

 
相手となんでも言い合える関係なら、ストレートに不満をぶつけたり、ぶつけられたりすることは、お互いに苦でないと思います。でも、まだ付き合い出して日が浅いカップルには、ちょっと難しい相談ですよね。
 
そんなときこそ、LINEやメールでそれとなく自分の気持ちを伝えてみては。面と向かって話したい気持ちはあるけど、うまく話せない。はたまた、妙に感情的になって、ケンカ腰になってしまう――。
 
そんな関係でも、LINEなら落ち着いて気持ちを吐露できるでしょうし、相手も冷静に受け止められると思います。

怒りよりも悲しみとして伝える

 
不安な気持ちをどう言葉にして伝えるのかって、大事ですよね。トゲのある言い方をしては、角が立ってしまいますし、ふたりの関係が冷え込んでしまう恐れも。
 
それこそ、「どうして〇〇してくれないの?」「どう思っているの?」と、相手を追求する言い方よりも、「もっと〇〇してほしいな」「最近、仕事忙しい?」など――。
「怒り」の気持ちとして伝えるよりも、「寂しい」「悲しい」といった気持ちとして伝えたほうが、相手はあなたの気持ちがすんなりと胸に入ると思います。
 
特になかなか素直になれないふたりだと、相手を目の前にした途端、不満やイライラの気持ちのほうが勝ってしまうのでは。
素直に思いをぶつけることも大事ですが。ちょっと冷静になれると、相手も同じように一呼吸置いて、考えるようになるはずです。
 

伝えるタイミングを見極める

 
不満を伝えるタイミングも上手に選びましょう。
 
たとえば休日デートのとき、ふたりが腰を落ち着かせて会えるとき。相手の仕事が一息ついたとき。相手の気分がいいときに、伝えたほうが相手も受け入れやすいと思います。
 
相手のコンディションをそれとなく伺いながら、伝えるタイミングを吟味してみて。

自分にも非があることを認める

 
「相手が100%悪い」と思って伝えるのではなく、「自分にも非がある」と考えて伝えたほうが、相手は受け入れやすいでしょう。
 
「私も〇〇すればよかったね」「〇〇とは仲良くやっていきたいから」など――。
前向きな意見を伝えることも、彼があなたの気持ちを受け入れやすいポイントになると思います。
 

おわりに

 
好きな人だからこそ、うまく気持ちを伝えられないことってありますよね。でも、気持ちを伝えないままでは、あなただけが我慢することになり、ふたりの関係にもよくありません。
 
恋人なんですから、相手を自分事のように考える付き合いができるよう、関係を考えるきっかけにしてみてください。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■もう限界!彼氏に不満がある時の3つの解消法とは?
■実録:彼氏に対する不満はこうして解消した
■カップル必見!良いケンカと悪いケンカの違いとは
 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 彼氏を夢中にさせる方法5選
  • 別れるべき?彼氏の欠点だけしか目に入らなくなったときに考えたいこと
  • マンネリしている時の彼氏の気持ち
  • 彼氏は変態の方がいい?普通の人がいい?メリットデメリット
  • 見なきゃよかった……彼氏の残酷な面を垣間見た瞬間
  • 恋を長続きさせるには?彼氏に安心感を与えすぎない方法
  • 料理をしない彼をどうにかしたい! 一緒に料理を始める方法
  • 男性が彼女から言われて傷ついている意外な言葉