彼氏とケンカしちゃったら、できればすぐに仲直りしたいですよね。
ケンカは、彼とあなた、どっちが悪いのか、どんな理由でケンカしたのかにかかわらず、二人の今後にも影響するもの。
今回は、仲直りするときに気をつけたい、やらないほうがいいことをリストにしてみました。

ケンカで仲直りしたいときに、しないほうがいいこと1. 勝ち負けを考える


ケンカしたときに陥りがちなのが、
「私は悪くないから、私からは謝らない」
などと意固地になって、相手から謝ってくるのを待つというパターンです。

このように、ケンカを勝ち負けで考えるのは、どんな場合でもNGです。

なぜなら、彼氏が謝ってきてくれてあなたが「勝った」と思っても、長い目で見たら損をしている可能性が高いからです。
彼氏はあなたのそんな子どもっぽさを、今はかわいいと思っているかもしれませんが、繰り返してしまうと、愛想をつかされてしまう可能性もあります。

お互いが勝ち負けで考えてしまっている場合には、ささいなケンカであっても長引いてしまう場合もあります。
勝ち負けは考えず、自分がどうすべきかを冷静に考えましょう。


ケンカで仲直りしたいときに、しないほうがいいこと2. 無視する


いくら相手に非があって、イライラしていたとしても、無視することだけはやめましょう。

彼氏が謝ってきていて、今は聞きたくない、という場合は、無視するのではなく、
「今は話し合う気持ちになれないから、あとで連絡する」
と言っておき、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

相手を無視してしまっては、あなた自身も気持ちが落ち着かないはずです。
イライラしていたとしても、きちんと誠実に相手に向き合いましょう。

ケンカで仲直りしたいときに、しない方がいいこと3. 相談しすぎる


彼氏とケンカしてしまったら、周りの友達などに愚痴りたい、と思う人は多いでしょう。
ですが、彼氏の愚痴を言いすぎるのは厳禁です。

なぜなら、友達はあなた側からの意見しか聞いていないため、
「その彼氏、最悪だね」
など、あなたの気持ちを負の方向に盛り上げる発言をしかねないからです。

イライラする気持ちを落ち着けるためにも、ちょっと愚痴りたい……ということはあるかもしれません。
ただ、周りに相談することで大ごとに発展してしまう可能性もあるので、できるならば争いは二人だけで解決することが望ましいでしょう。


ケンカで仲直りしたいときに、しない方がいいこと4. 距離をおこう、と言う


数日間連絡をしないでいるのはありですが、仲直りを望んでいるならば「距離をおこう」と宣言することは望ましくありません。

距離をおこう、という発言は、人によっては、
「もう関係は終わりに向かっているんだな」
と受け取ることがあります。
関係を立て直したい意志があるなら、くれぐれも「距離をおこう」発言は慎みましょう。
「お互いに落ち着いてから話し合いたい」
などと、前向きな言い方をすれば、彼もケンカの原因としっかり向き合ってくれるでしょう。

さいごに


今回は、彼氏とケンカし、仲直りしたいときにしないほうがいいことについて解説してきました。
彼氏と仲直りしたいならば、相手にやみくもに怒りをぶつけるのではなく、誠実に向き合い、話し合う必要があります。

周りの友達に相談することで、気持ちは少し楽になるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。
二人の問題は、二人だけにしか解決することはできないのですから。

(今来 今/ライター)

公開日:2018年3月25日
更新日:2018年12月3日



■長続きする恋の秘訣! 彼を許せる女性だけが手に入れる幸せ
■喧嘩をしてしまったあなた|自分から謝るべきか
■彼氏とのケンカを避けるレッスン★大切なのは、冷静さと想像力

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 彼氏を夢中にさせる方法5選
  • 別れるべき?彼氏の欠点だけしか目に入らなくなったときに考えたいこと
  • マンネリしている時の彼氏の気持ち
  • 彼氏は変態の方がいい?普通の人がいい?メリットデメリット
  • 見なきゃよかった……彼氏の残酷な面を垣間見た瞬間
  • 恋を長続きさせるには?彼氏に安心感を与えすぎない方法
  • 料理をしない彼をどうにかしたい! 一緒に料理を始める方法
  • 男性が彼女から言われて傷ついている意外な言葉