見た目も性格も良い女性ほど、ダメな男に振り回されている……そんな人を見かけたことはありませんか?

 

筆者の知人で、父親は中小企業の社長、本人は東証一部上場企業に勤務する美人、職場ではもちろん、マドンナ的存在という女性がいます。

しかし、彼女はいつも、バンドマンや自称カメラマンなど、趣味に没頭しているだけのニートみたいな男性ばかりと付き合ってしまうのです。それも、顔だけは良いという、典型的な「だめんず」……。

 

お金がなく、定職に就かず、女にだらしない、暴力をふるう……そんな「だめんず」にハマってしまう女性は、つねに一定数います。周りから「もうやめなよ」と注意されても、同じタイプを好きになってしまうんですよね。

 

今回は、どういう女性が、どういう背景で「だめんず」にハマりやすいのか、考察してみました。

 

面倒見の良い長女(お姉さん)

 

子供の頃から、家庭ではお母さん、お姉ちゃん役を務め、学校では学級委員だったり、生徒会役員をしていたりするタイプ。

つねに誰かのために動いて、誰かの面倒を見ることが当たり前になっている女性は、ダメ男にハマりやすいといえます。

 

このタイプは小さな頃から「弱い存在(妹や弟など)の面倒を見なければいけない」「誰かの役に立たなければいけない」という思い込みを親や身近な大人からすり込まれているので、「人の面倒を見ること=恋愛」になっているケースが多いです。

 

逆を言えば、他人から愛を受け取ることがあまり上手くありません。

ありのままの自分ではいられない、周りに必要とされない、他人の世話をしてあげないと愛されない。そんな思い込みがあって、恋愛をするにしても「○○をすれば私は愛される」という条件を勝手につけていしまうようです。

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • もう限界!彼氏に不満がある時の3つの解消法とは?
  • 付き合ってよかった!彼の性格に惚れた瞬間3つ
  • 今からでも間に合う!元号が変わる前に彼氏を作る方法
  • 彼氏との価値観の違いを感じる5つの瞬間
  • 実録:彼氏に対する不満はこうして解消した
  • 奥手な女性必見!彼氏のことをもっとよく知るための上手な方法4つ
  • 彼氏が何かに頑張っているときに寂しい気持ちをどうぶつけるか
  • ちょっとした一言!彼が「いい彼女だな」と思う発言とは?