お気に入り

 

普段は優しい彼。

 

でもハンドルを握ったとき、母親に会ったとき……。

 

様々なケースで態度が一変することも。

 

いくら普段優しい性格でも、人間はいつどこで、どのようなタイミングで豹変するか、深く関わらないとよくわかりません。

 

ここでは豹変彼氏と付き合ったことのある女性から聞いたエピソードを紹介していきます。

 

豹変彼氏に騙されないためにもチェックしてくださいね。

 

 

1.どれが彼の本性なのか分からない……

 

「私が20代のころに良い感じの男性がいました。すごく優しくて、気が利く彼だったので、本気で付き合いたいと感じていたころに、彼からドライブデートのお誘いが……。初めて2人で遠出するので嬉しくて、彼が来るのを楽しみに待っていました。最初は少し荒い運転だなと思う程度だったのですが、高速に入った瞬間猛スピードで、少しでも遅い車がいるとすぐに車線変更。煽るような感じもあって非常に怖かったです。『こんな運転するんだ……』と正直びっくりでしたが、もうダメだと思ったのは、彼が言った『クソじじい! このヘタクソが!』という言葉。あまりにも普段の彼とはかけ離れていたので、正直引いてしまいました。あの日から彼とはドライブに行くことはなく、程よい距離感をキープしています。」(30代/会社員)
 
運転って、本性が出やすいって言われていますよね。
 
近年では煽り運転が問題にもなっており、最悪の場合、逮捕なんてことも。長く付き合っていく相手となれば、できれば避けたい相手かもしれませんね。
 
自分の命を預ける相手だからこそ、安全運転してくれる相手を選びたいものです。
 

2.マザコンだったの?

 

「2年ほど付き合っていた彼氏の話です。もうそろそろ結婚を意識し始め、両家に挨拶にいくことに。彼は母ひとりで育った環境のせいか、もともとすごく母親には優しい感じでしたが、私にとっては気になるほどではありませんでした。しかし彼の母と初めて会ったとき、急に『ママ』と呼びだし、ベタベタと甘えだして……。さらに私と彼で話し合っていた結婚式のことも、ママはすべて知っているようで、アレコレ口出されてしまいました。彼はすべてママの言う通りで、私と決めていたことさえ否定され……。そんなマザコンとは関わりたくないと思い、数日後には別れてしまいました。」(30代/看護師)
 
隠れマザコン男って、結構多いですよね。
 
もちろん母親を大切にするのは悪いことではありませんが、度が過ぎるとNGって思う女性が大半でしょう。
 
ある意味、結婚前に気が付いて良かったのかもしれませんね。
 

3.束縛男!ストーカーにならないで

 

「前に付き合っていた彼氏が、いわゆる束縛男。付き合う前はアッサリタイプだったので、束縛するなんて想像もしていませんでした。付き合って数か月後ぐらいに私の会社で忘年会があって、帰りが少し遅くなった時、すごく怒られてしまって……。普段の彼とは全く違う雰囲気で、『こんなに怒るの?』って思っちゃいました。それからというものスマホにはGPSアプリを付けられ、四六時中どこにいるのかチェック。少しでも帰りが遅いと、『誰といるんだ!?』って怪しまれてしまい……。一度も浮気していないのに疑われると息苦しくて……。1年も経たないうちに別れました。」(20代/事務)
 
もし浮気していないのに疑われると、正直しんどいですよね。
 
四六時中どこにいるのかチェックされれば、なんだか信用されていない感じもするはず。
 
長く付き合うのであれば、お互い信用しあうことも大切でしょう。
 
どちらかが辛いと思う恋愛は、将来のパートナーにはなりにくいものです。
 

おわりに

 

豹変する人って案外多く、実は気になっている彼も何かをきっかけに豹変するかもしれませんよ。
 
少しでも怪しい気配を感じたら、早めに付き合える相手かどうかチェックしたほうがいいかも。
 
後悔しない恋愛を楽しんでくださいね。
 
(kareha/ライター)
 
■男性の恋愛感情が急に冷める……彼女の言動5選
■外面は良いが危険!「要注意男子」を見抜くポイントとは?
■「浮気性の男性」と「いちずな男性」の違いは、満足感と倫理観

お気に入り
彼氏】の最新記事
  • 女性には理解できない男の習性を解説
  • 生理的に無理……と思った彼氏の行動エピソード
  • 彼氏にすると危険?「外ヅラだけいい男」を見極めポイント
  • こんな奴だったなんて…コロナで気が付いた幻滅エピソード5選
  • 【実録】彼氏からの神LINEとガッカリ最低LINE
  • ヨリを戻したいの? 男性が思わず元カノを思い出すとき
  • 彼氏に絶対に面倒くさがられる、引かれる失敗LINE事例集
  • 恋人探しは理想や現実が重要? それともフィーリングを重視するべき?