こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃の日本は「オリンピック特需」に沸いていて、それが終わる2020年以降なら不動産価格も下がるのでは……? と言われていますね。ファイナンシャルプランニングにおいても、同様の質問をよく受けます。

 

でもこれ、本当なのでしょうか?

そして本当だとしたら、マイホームの購入はオリンピック後にした方が良いのでしょうか?

 

今回は、そんなマイホームの買い時と注意点についてお伝えします。あなたの不動産購入に、お役立てくださいませ。

 

値下がりは可能性大! でも……

 

まずは結論からお伝えします。

 

確かに現在、さまざまな産業で沸いているオリンピック特需を考えれば、その後には不動産価格は下がる可能性が高いでしょう。

 

ただでさえ今の日本は人口が減少していますから、尚更その傾向は目立っていくのではないかと思います。

 

しかし、冷静に考えていただきたいのですが、下がるのは「不動産価格だけ」ではないのです。

 

そもそも不動産価格というのは景気に左右されやすい特徴があるため、不動産価格が下がるということは、日本経済も下がり、ひいては国民の給料も下がる可能性があるということ。

 

それに、オリンピックの影響がなくても、地方ではすでに過疎化にともなう地価下落が深刻になっている一方で、人気の高い都心部の地価は高いままです。

 

総合的に考えて、東京・大阪・名古屋をはじめとした都市部に住むなら、オリンピック後も買い時と言えるかは微妙なところかと……

 

また、不動産を単なる住まいではなく一つの資産として考えた場合、値下がり始めの局面で購入するというのは、けっしてお勧めできません

 

将来的に売却する可能性があるなら、この点もしっかり意識しましょう。

 

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大切なこと
  • つわりってあるものなの? 筆者が経験した地獄の苦しみ!
  • 家庭占い|親との関係がうまくいかない……状況を変えるには?
  • 結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?
  • 家庭占い|お子さんが今あなたに求めていることとは?
  • 姑(舅)の気持ち|私のことをどう思っている?
  • 産む前に読みたい!実話を基にしたアラフォー出産マンガ3選
  • 意外と知らない?学資保険に入るメリット