恋愛をして、結婚、そして出産という流れが一般化している日本で、多くの人が考える一般的な結婚や出産ではなく、多様化する結婚と出産に自分らしさを感じている人もいます。

どういった生き方があるのか、まとめてみました。

 

結婚せずに出産する生き方

 

日本のシングルマザーは100万人を越えています。離婚や死別でシングルマザーになる人以外にも、自ら望んでシングルマザーになる人もいます。

 

結婚をして出産をするという流れがある中で、結婚せずに出産を決意する人の中には、交際中の相手に結婚の意思がないということがわかった時に、いくつかの選択肢にぶつかります。

 

ひとまず結婚をするのか、中絶をするのか、一人で子供を育てるのかという選択がある中で、今後年齢的にも子供を諦めるという選択肢がないということに気づきます。交際中の相手には結婚の意思がないからと、子供を諦める人もいますが、どうしても子供がほしいなら、結婚をしなくても産めばいいのだという考えに、突き進む女性もいます。

 

結婚と出産はいつからセットになったのか?

 

そもそも結婚と出産がセットになったのは、高度経済成長期の頃。日本の初婚の平均が29歳で出産が30歳頃なのは、「結婚しないと出産できない」というイメージがあるからでしょう。

 

しかしアメリカやヨーロッパでは出産年齢の方が結婚よりも平均年齢が若いのは、事実婚が認められているためです。日本で、結婚をする前に妊娠をしてしまう女性が多く、中絶を選ぶのは事実婚が認められていないせいかもしれません。

 

結婚せずにシングルマザーになる利点とは?

 

多様化する結婚と出産で、シングルマザーになるメリットもあります。育児や家事のできない夫と結婚して、更に育児まで増え、ストレスをためる女性も多いです。しかしシングルマザーという選択をすることによって、そういったイライラを感じることもないのです。

 

また結婚相手に経済状況、相手の家庭環境などの条件を重視する人も多いですが、シングルマザーなら純粋に好きな人の子供を産むことができるのです。

 

日本は籍を入れるかどうかを重視されていて、「入籍していないと父親がいなくて子供がかわいそう」という見方をする人もいます。ヨーロッパやアメリカでは事実婚や婚外子の珍しくないヨーロッパやアメリカでは、こういった考えはほとんどありません。

 

経済的な自立は必要になる

 

シングルマザーと聞いて、経済的に困窮し、かわいそうなイメージを持っている人もいるかもしれません。養育費などを相手の男性に請求せずに一人で子供を育てるのは、金銭的には大変なことかもしれません。シングルマザーに低所得の人が多いのは事実です。

 

子供を育てるために、経済的な余裕があった方が、精神的な安定にも繋がります。多様化する結婚と出産の中で、子供を育てる上で絶対に必要なのは、恋愛でも結婚でもなく、経済的な自立、そして精神的な自立です。

 

一般的な日本の考え方に惑わされずに、自分らしく生きる方法を選ぶ人はこれから増えてくるかもしれません。

 

(番長みるく/ライター)

 

■結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?
■人生占い|あなたが結婚しない人生を選んだらどうなる?
■結婚って本当に必要?事実婚カップルが増えているワケ

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • “1人で行動する勇気”が婚活成功のカギ
  • 離婚経験者だけが知る、幸せな結婚をするための条件5つ
  • これからの時代は「結婚かキャリアか」ではなく「結婚もキャリアも」です
  • なぜそうなる?結婚に対する男女の考え方の違い
  • 成婚への近道は「結婚モード」の男性を選ぶこと
  • 貯金がない彼氏と結婚するのが不安。どうすればいい?
  • 【彼氏と夫の違い】恋人としてはうまくいくのに結婚すると失敗する訳
  • 結婚のタイミング3選! 婚期を見分けてプレッシャーに打ち勝つ!