恋愛をして、結婚、そして出産という流れが一般化している日本で、多くの人が考える一般的な結婚や出産ではなく、多様化する結婚と出産に自分らしさを感じている人もいます。

どういった生き方があるのか、まとめてみました。

 

結婚せずに出産する生き方

 

日本のシングルマザーは100万人を越えています。離婚や死別でシングルマザーになる人以外にも、自ら望んでシングルマザーになる人もいます。

 

結婚をして出産をするという流れがある中で、結婚せずに出産を決意する人の中には、交際中の相手に結婚の意思がないということがわかった時に、いくつかの選択肢にぶつかります。

 

ひとまず結婚をするのか、中絶をするのか、一人で子供を育てるのかという選択がある中で、今後年齢的にも子供を諦めるという選択肢がないということに気づきます。交際中の相手には結婚の意思がないからと、子供を諦める人もいますが、どうしても子供がほしいなら、結婚をしなくても産めばいいのだという考えに、突き進む女性もいます。

 

結婚と出産はいつからセットになったのか?

 

そもそも結婚と出産がセットになったのは、高度経済成長期の頃。日本の初婚の平均が29歳で出産が30歳頃なのは、「結婚しないと出産できない」というイメージがあるからでしょう。

 

しかしアメリカやヨーロッパでは出産年齢の方が結婚よりも平均年齢が若いのは、事実婚が認められているためです。日本で、結婚をする前に妊娠をしてしまう女性が多く、中絶を選ぶのは事実婚が認められていないせいかもしれません。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚を本気で考えている彼氏が、彼女に話すこと
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法
  • 結婚したいけど、彼氏の収入が少なくて不安…を解消する方法
  • 【12星座別】2019年中に結婚するためにはどうしたらいい?