お気に入り

 

結婚することが決まっても、直前になって取りやめになってしまうという場合も。

 

なぜ婚約破棄をすることになってしまったのか、その原因にはさまざまなケースがあるようです。

 

そこで今回は、結婚直前に「婚約破棄」になった意外な理由について紹介します。

 

 

「結婚準備」で喧嘩になった

 

「結婚式の準備をしているときに何度も喧嘩をして、お互いに気持ちが冷めていってしまいました。思いやりを持ち合えなかったんでしょうね」(20代女性/不動産)
 
結婚をすることが決まると、色々なことを準備し始めなければいけなくなります。
 
結婚式や新婚旅行、結婚指輪や新居、さまざまな人たちへの挨拶など、やらなきゃいけないことは盛りだくさん。
 
そういったことをふたりで力を合わせてやれずに、喧嘩ばかりをしてしまうと、それが婚約破棄につながるケースもあるのでしょう。
 

「友人」に反対された

 

「友達に猛反対をされて結婚を取りやめたっていう知人がいます。そんなことでって思っちゃいましたが、相手の男性が浮気性だったみたいで、必死に止められたみたいです」(30代女性/IT)
 
家族ならまだしも、友人や知人に反対をされて結婚を取りやめたという人もいるようです。
 
深い信頼関係にある友人であれば、本当に真剣に思ってくれての意見でしょうから、結婚を考え直すきっかけにはなるのかも。
 
ただ、最後に決めるのはやはり自分自身なので、周りの意見を参考にしつつ、きちんと自分の目で見極めることが大事でしょう。
 

「行方不明」になった

 

「私の友人は、結婚が決まったあとで、相手の男性が行方不明になってしまったんです。結局そのまま結婚は無しになったんですが、当時は相当落ち込んでいてかわいそうでしたね…」(30代女性/WEBデザイナー)
 
結婚を決めた直後に、結婚相手が失踪してしまったというケースも。
 
何か事件性でもない限りは、結婚が嫌になって逃げ出した可能性が高いのでしょう。
 
ただ、そんな、無責任な男性と結婚をしていても、後悔することになっただけでしょうから、結婚する前にわかってよかったと考えるべきかもしれませんね。
 

「心の準備」ができていなかった

 

「プロポーズされてOKをしちゃったものの、まだ結婚への踏ん切りがつかなくて、一回無しにしてもらったことがあります。申し訳ないことをしたとは思いますが、あのまま結婚はできなかった。」(20代女性/アパレル)
 
なんとなくで結婚にOKをしてしまうと、時間が経つにつれて不安に襲われる場合もあるかも。
 
特に、男性の思いばかりが強すぎると、その勢いに負けて流されるということもあり得ます。
 
結婚を決める前には、自分がどうしたいのか、ちゃんと冷静になって向き合って考える時間を持つことが大切ですよ。
 

さいごに

 

婚約を破棄する理由にはさまざまなものがあります。
 
ふたりの問題であるので、噛み合わない部分が生じてくると、結婚を取りやめるという流れに向かってしまうこともあり得るのでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■結婚準備中に本性判明!婚約者に隠された裏の顔エピソード3選
■「本当に結婚して大丈夫?」彼(婚約者)の実家へ行ったときに気にするべきポイント
■やっぱりこの人とは無理!結婚式で「離婚を決意した」瞬間

お気に入り
結婚】の最新記事
  • 結婚に後悔している人は半数近く!?結婚相手に対して妥協してはいけない条件とは
  • 女性にとって結婚は本当に幸せなことなのか?
  • 結婚は具体的にどうすればいいの?入籍までの流れをご紹介
  • 一緒にいるのは楽しいけど…結婚に向いていない男性の特徴3選
  • 結婚する気ある?彼の気持ちを読み解く方法と見切りをつけるタイミング
  • 婚活を1日でも早く成功させるための基本テクニック
  • そのまま結婚かも!「職場恋愛」を成功させるための秘訣
  • 夫にするならこんな人!「結婚に向いている」男性の見抜き方