プロポーズの言葉によくある、「幸せにします」。

でも、実際のところ、他人に幸せにしてもらうのは、限界があります。

 

自分を幸せにできるのは、究極的には自分しかいません。

 

今回は、シングルでいることがどれだけ幸せなことかについて解説します。

 

結婚は幸せの代名詞ではない

 
「結婚しないと幸せになれない」

「結婚したら今よりも幸せになれるはず」

 

もしかしたらそれは真実かもしれませんし、そうではないかもしれません。

結婚=今より幸せを感じられる、というわけではないのです。

 

社会的プレッシャーから「結婚しないと」とあせっている方は、
今もっている幸せに気づいていない可能性があります。

 

結婚でしか味わえない幸せがあると同時に、シングルでしか味わえない幸せもあるのです。

 

【ハッピーシングル】独身でいると、ずっと人生の主人公でいられる

 

シングルでいることの一番のメリットは、自分のために生きられることです。

 

結婚して、子どもができると、夫や子どもをサポートする人生のわき役になってしまう場合があります。
時間も自分の思う通りには使えません。

 

シングルでいると、一日24時間、自分の思うままです。
誰に反対されることもなく、やりたいこと、ワクワクすることだけを選択することができます。
面倒な親戚づきあいもありません。

 
深夜に遊びにでかけても、ふらりと一人旅に出ても、誰に報告する必要も、許可を取る必要もないのです。

 

仕事や恋愛で疲れてしまい、
ときには「もう自分のためだけに生きるのはつらい」と弱音を吐きたくなるかもしれません。
主人公とはそういうものです。主人公は自分で行動し、葛藤し、苦しみを乗り越えて成長します。

 

誰かをサポートするのではなく、自分が主役になって人生を生きられる、それがシングルの幸せの形なのです。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚占い|あなたが結婚のチャンスをつかむには?
  • 危険!結婚が目的になっている女性の特徴とは?
  • 姓名判断|私は結婚までに、あと何回恋をする?
  • 結婚占い|結婚まで一直線?あなたの運命の相手とは?
  • 大切な一瞬をどこで迎えたい?一生の思い出になるプロポーズの場所
  • これが結婚生活の現実! 独身女性が結婚したくなったら考えてほしいこと
  • プロポーズはまだ? 自分が結婚する気がないことに気づいていない男性の特徴
  • 姓名判断|彼と結婚したい!近い未来に私たちは結ばれますか?