こんにちは、婚活FP山本です。

 

今どきは『共働きが普通』なんて言われますが、やっぱり女性としては専業主婦に憧れることもありますよね。ただ、そうなるためには夫にいくらの年収が必要でしょうか?

 

今回は、専業主婦になる場合の夫に必要な年収をお伝えします。

 

あなたの人生に、お役立てくださいませ。

 

年収ではなく生活水準と貯金額で考えよう

 

まずは結論から。年収額で専業主婦になれるかどうかが分かれば簡単なのですが、残念ながら、それは目安にすらなりません……。

 

なぜなら家庭毎に、生活水準も子供の数も将来の展望も、全然違うからです。

 

子供の数が1人違うだけで、トータルで約1500万円違ってきますし、月の生活費が3万円違うだけで、2000万円を超える差が出てきます。(今30歳だとして、90歳まで生きると仮定した場合)

 

こんな風に、家計はちょっと違うだけで最終的に大幅に違ってくるんです。

 

ちなみに、専業主婦になった直後、あるいは当面の生活が大丈夫かどうかなら、家計簿さえ付けていれば分かるはずです。

 

ですが、一生涯という期間で考えると、例え夫の年収が1000万円であっても油断はできません。現に私の相談者の中には、夫の年収1500万円でもダメだった方がいました。

 

なお、統計的な観点でいえば、『60歳時に5000万円貯まりそうかどうか』がひとまずの目安になります。

 

あなたが専業主婦になっても、教育費や住宅ローンを賄いつつ5000万円貯まりそうな計算が成り立つなら、夫婦で話し合ったうえで専業主婦になりましょう。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 【婚活がうまくいかない理由】結婚できない女性の3つの特徴
  • 意外とアリ?「交際ゼロ日婚」を実現させる方法
  • 最後の砦「結婚相談所」はアリ? メリット・デメリットを比較
  • 外見に自信がないと諦めないで!ぽっちゃり女性がモテる方法
  • 3年付き合った彼氏の浮気から大逆転!幸せな結婚をつかんだ方法とは?
  • 結婚を遠ざける!婚活女性が陥りがちな4つのマインド
  • 結婚できない「おひとりさま顔」をモテ顔に変える! 【新堂未來のモテメソッド】
  • 男女に聞いた! 結婚を決めた瞬間って、どんな瞬間?