「早く結婚して専業主婦になりたい。玉の輿に乗りたい……」そんな願望が膨らむ時期って、アラサー女性には必ずあるものですよね。

キャリアウーマンになるほどの気概はなく、それでも毎日の業務をこなすことで精一杯で心身共に疲れ切っているとか。婚活をしても、なかなか素敵な男性にめぐり会えないなどというと、白馬の王子様をつい妄想してしまうはず。

 

でも、高年収の男性って本当に理想的なんでしょうか?

本当に幸せになれるんでしょうか?

 

年収1000万円、手取りはいくら?

 

ざっくりした計算なのであしからず……。年収が1000万円あった場合、税金などが引かれて手取りはおよそ750万円だそうです。

 

ちなみに、年収600万円の場合、手取りが約500万円。年収300万円の場合は、約280万円。

 

年収600万円くらいから所得税率が10%から20%に上がるってこと、知ってました?

所得税制は超過累進税率が採用されており、所得が増えるとそのぶん、税率が段階的に上がっていきます。それだけでなく、年収が800万円を超えてくるあたりで子ども関係の補助金や助成金についての所得制限にひっかかってくるようになります。

子供手当は満額もらえなくなり、認可保育園の保育料なども高額になったりするようです。

(……保育園・幼稚園の料金や子ども関連の助成金は市区町村で違ってきますので、詳細はお近くの役所までお問い合わせ下さい……)

 

そして、高年収だと「限界税率」が高くもなります。

限界税率というのは、追加的に1円の収入を得たときに支払う税金の増加割合のこと。ちなみに、平成29年以降は年収1000万円以上の給与所得控除が固定されるので、年収1000万円超の限界税率はさらに高くなります。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法
  • 結婚したいけど、彼氏の収入が少なくて不安…を解消する方法
  • 【12星座別】2019年中に結婚するためにはどうしたらいい?
  • 出張マジレスホロスコープ#1 主体性がない彼との結婚を迷っています