結婚は簡単にすることができますが、離婚は大変です。

離婚は結婚の10倍労力がかかると考えても大げさではありません。

 

取り返しのつかないことになる前に、不幸になる結婚は避ける必要があります。

今回は、結婚してはいけない男性のパターンについてご紹介します。

「この彼氏と結婚していいの?」と迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

結婚してはいけない男①共働きなのに、家事を「手伝う」という

 

結婚とは共同生活のことです。共働きの場合、それぞれの働き方にあわせて家事を分担していくのが当然でしょう。

 

ですが、世の中には、「家事はちゃんと手伝うから」というお手伝い感覚の男性が少なくありません。そういった男性は、妻が夫と同じくらいの時間働いていようと、自分より稼いでいようと、おかまいなしに、「家事のメインは女性がするもの」と考えています。

 

お手伝い感覚の男性と生活する働いている女性には、仕事+夫の分の家事という負担がかかります。さらに子供が生まれたら最悪です。家事をお手伝い感覚でこなす男性は、育児もお手伝い感覚になります。

 

そうすると、仕事も、家事も、育児も自分一人でこなさないといけないことになり、妻だけに負担がかかるばかりになってしまうのです。ですから、共働きなのにも関わらず「家事・育児はお手伝い感覚」の男性は結婚には適していないと考えてよいでしょう。

 

結婚してはいけない男②結婚前に浮気発覚

 

浮気をする男性はしますし、しない男性はしません。浮気を一度でもしたことがある男性は、今後もする可能性が高いとみてよいでしょう。

 

いくら反省していたとして、一度浮気した男性が、そのご何十年にわたって浮気をまったくしないだなんて信じられますか?

 

信じられない場合は、結婚をしない方がよいでしょう。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 【婚活がうまくいかない理由】結婚できない女性の3つの特徴
  • 意外とアリ?「交際ゼロ日婚」を実現させる方法
  • 最後の砦「結婚相談所」はアリ? メリット・デメリットを比較
  • 外見に自信がないと諦めないで!ぽっちゃり女性がモテる方法
  • 3年付き合った彼氏の浮気から大逆転!幸せな結婚をつかんだ方法とは?
  • 結婚を遠ざける!婚活女性が陥りがちな4つのマインド
  • 結婚できない「おひとりさま顔」をモテ顔に変える! 【新堂未來のモテメソッド】
  • 男女に聞いた! 結婚を決めた瞬間って、どんな瞬間?