婚活のとき自分の職業ってどう明かしていますか? 一般的な職業なら言いやすいですが、特殊な職業だと正直に言いづらかったり、あまり目立つような職業も変なイメージがついてしまいそうだと、ぼかして言ってしまったりすることもあるのでは……?

 

相手の男性と仲よくなっていく上で職業を伝えることは避けられないものです。でも、言い方を間違えてしまうと、自分の魅力が相手に伝わりにくくなってしまします。

そこで今回は、婚活のとき自分の職業を上手に明かすポイントを考えてみました。

 

会社勤めだけど仕事が言いづらい場合はどう伝える?

 

たとえば会社勤めでも、仕事内容が特殊だったりする場合。
ストレートに「◯◯の仕事をしています」と言ってしまうと「受けが悪いかな」と気にしてしまう人もいるかもしれません。

そんな場合はムリに自分の仕事をオープンにする必要はありません。

 

とりあえず「IT系」「運送業」などと業界ジャンルを伝えておく。そして親しくなっていくうちに、少しずつ仕事の話を織り交ぜながら距離をはかっていけば、スムーズに明かしつつ相手の男性と仲よくなれるのではないでしょうか。

 

自分の仕事を言いづらい場合は、相手の出方を見ながら言い方を工夫してみてください。

男性によっては、同じようにオープンにしづらい仕事の人もいるかもしれません。そうした共通点をきっかけに、相手と仲よくなることもあるかもしれません。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 12星座別!2019年、今年こそ結婚できる?
  • 「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと
  • 玉の輿にのりたい! メリットとデメリットとは?
  • 婚活は高望みした方がいい4つの理由
  • 成功率を上げる!性格別|おすすめ婚活方法
  • 結婚したいけど、彼氏の収入が少なくて不安…を解消する方法
  • 【12星座別】2019年中に結婚するためにはどうしたらいい?
  • 出張マジレスホロスコープ#1 主体性がない彼との結婚を迷っています