「夫や妻が不倫しているかもしれない」と思っても、仕事や家事育児があって、なかなか身動きが取りにくい人は多いものです。

 

そこで頼りたいのが、浮気調査をしてくれる興信所。

 

しかし、いくら費用がかかるのか、相場が気になるところですよね。

 

何も知らずに高額な料金をふっかけられるのも恐ろしい……。

 

そこで今回は、興信所の費用相場や利用に関する注意点を解説していきます。

 

 

1.興信所の相場料金

 

興信所を利用するときの料金相場は、下記のとおりです。
 
・行動調査 約50,000円~(+税)
 
・浮気調査約100,000円~(+税)
 
・張り込み調査 約50,000円~(+税)
 
すべてフルコースで利用するとなると、20万以上はかかると考えておいたほうがよいでしょう。
 
人からの紹介や、状況しだいでは5万~10万程度でおさまる、という場合もあるため複数の興信所で見積もりをしましょう。
 
「いつ浮気の現場をおさえられるかわからない」という場合は、日にち単位で申し込みできる「コース料金制度」もあります。
 
また、浮気の証拠をつかんでから報酬を払う「成果報酬制」もあるため、現在の状況に合った料金プランをえらびましょう。
 

2.興信所とは?

 

興信所とは、人や企業の信用情報を調査するための公的機関です。
 
探偵事務所との区別がつきにくいですが、元を辿ると探偵は事件や犯罪などを調査する職業で、信用情報を調べる興信所と探偵は、違う職種だったのです。
 
しかし、最近は興信所と探偵は明確な違いはありません。
 
探偵も人の居場所や行動について、興信所と同じように調べられます。
 
しかし、探偵よりも興信所のほうが信用情報の調査は高度な調査ができる、と言われています。
 

3.興信所を利用するときの注意点

 

興信所を利用するときは、料金を騙しとってくる悪徳興信所に要注意です。
 
「成果報酬制を謳っている興信所で、不倫の証拠をつかんでいないのに『見失わなかった』というだけで成果報酬を請求されました」(40代/主婦)
 
「最初に提示してきた金額とまったく違って、どんどんオプションで金額が上乗せされていきました。最終的に、かなりの高額を支払わせられる羽目に……」(30代/事務)
 
「旦那を見失わないために無理やり尾行を続けていました。最終的に、旦那に警戒されて、気づかれてしまっていて、全然浮気調査のスキルを感じませんでした。にもかかわらず、尾行のたびに報酬は発生していたので、納得がいきません。」(40代/公務員)
 

興信所は調査内容によって値段が変わる

 

パートナーや不倫相手を調査・尾行して、証拠をつかむことは素人には難しく、興信所に依頼する人は少なくありません。
 
しかし、調査内容によって費用は大きく変動し、悪徳な興信所に引っかかると法外な値段を請求されることもあります。
 
興信所は慎重に選び、コストカットについても相談できるところを選びましょう。
 
(mashu/ライター)
 
■隠れ不倫男の見極め方法!時間を無駄にするその前に
■「まさかうちの夫が!?」不倫されたときどのように行動するべきか?
■「日常の落とし穴」浮気のきっかけ生み出す場所5選

不倫】の最新記事
  • 不倫がバレた夫の衝撃的な言い訳3選
  • マッチングアプリで結婚した夫婦、その後の笑えないエピソード3選
  • 夫がマッチングアプリにハマって不倫していたエピソード
  • 意外な理由でバレてしまった不倫……
  • 絶対に不倫しない!と思っていてもうっかりころっとしてしまう女性の特徴
  • SNSで夫の裏垢発見!? そこで不倫を知ってしまったエピソード
  • どういう神経!? 不倫を自慢するママ友の深層心理とは?
  • 不倫を自慢してくるママ友の深層心理とは!?