毎日の家事や育児って、楽なものではないですよね。

 

可愛いはずの子供が言うことを聞かなかったり、親として自信を失ったりすることもよく起きます。

 

今回はそんな家事育児に奮闘する、マイホームパパが沼ってしまった不倫エピソードをご紹介します。

 

 

家庭円満な4人家族

 

僕の名前はヒロキ。娘2人の父親です。妻とは大学時代の同級生で、数年間の遠距離の末、結婚しました。
 
結婚式、マイホーム購入、2人の子宝に恵まれて、周りから見た僕は「順風満帆」そのもののはずです。
 
我が家は妻よりも僕のほうが家事や育児に熱心で、妻は僕をかなり頼りにしてくれていました。
 
僕は妻が僕を頼りにしてくれているのが嬉しくて、仕事が忙しい時期でも家事育児を頑張れていました。
 
下の子供も幼稚園に上がり、妻は本格的に社会復帰を始めました。
 
僕は「今まで以上に妻のサポートをしなくては」と意気込んでいました。
 
朝は自分の身支度で忙しい妻の代わりに子供たちの朝食づくりをし、準備をさせて幼稚園バスへ送り出しました。
 
僕の仕事は激務で、夜遅くまで仕事をすることが多いので帰りは23時を過ぎることがあります。
 
妻は子供たちと同時に床についているので、家族の夕飯の片づけや洗濯物畳みは僕が帰ったあと担当していました。
 
家事や飼い猫の世話、寝る準備などを終えて僕が眠りにつくのは、深夜2時ごろ。
 
ソファでうたた寝したまま朝を迎えてしまう日も、少なくありません。
 
正直体力的にしんどいな、と思う日もありましたが、父親としての責任を全うするために頑張れていました。
 

募る不満

 

そんな中でも僕の唯一の楽しみは週末の夜、妻と一緒にゆっくり酒を飲むことでした。
 
子供たちと公園で一日遊んで寝かしつけた後、静かな空間でお互いをねぎらい合う時間でした。
 
夜の営みも週末お酒を飲んだあと楽しむのがルーティンになっていました。
 
しかし妻が復職してからというものの、「週末は1人の時間が欲しい」とこの僕の楽しみの時間を妻が拒否するようになってきました。当然、夫婦はレス気味に……。
 
唯一の頑張れる原動力がなくなってしまった気がしたのですが、それでも朝起きれば子供は起きてくるし、仕事にも行かなくてはいけない。
 
妻と子供に翻弄され、がむしゃらに毎日働いていました。
 
そんな日々の中、会社の先輩らが最近はじめた出会いアプリの話を教えてくれました。
 
「意外と既婚者でも相手してくれる子が多い」とのこと。
 
日々刺激も癒しも無い生活に疲れきっていたので、何か変化があればな、と軽い気持ちでアプリに登録しました。
 
意外にもすぐ女の子とマッチングし、やり取りを始めたのです。
 

疲れきった夫が癒しを求めはじめてしまった

 

仕事はもちろん家事育児も全力で頑張る夫、ヒロキ。
 
「妻が早く寝てしまうようになって楽しみがなくなったから」と彼の矛先はマッチングアプリへ……。
 
ヒロキはこのまま不倫してしまうのでしょうか?
 
このエピソードは、後編へ続きます!
後編は10月18日(月)20:30に公開予定!お楽しみに!
 
(mashu/ライター)
 
■元同僚と不倫旅行中の夫の前に突然現れたサレ妻は……【前編】
■「私たちは偽物の家族でした」夫に別の家庭があると気づいたサレ妻がとった行動とは……【前編】
■職場不倫する夫……サレ妻が不倫の証拠を会社に送ったら「前編」

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • なぜ?職場不倫をしてしまった女性の言い訳5選
  • 【後編】子供を養うために不倫……家庭存亡の危機にあなたは許せますか?
  • ヤバイニオイがプンプン……不倫匂わせ女子の実態
  • 歳の差婚の幸せはあっという間に……実母と不倫されたサレ妻に味方は【前編】
  • 不倫をやめられる女とやめられない女の4つの違いとは?
  • ひょっとして不倫匂わせ?SNSでママ友の不倫を知ってしまった
  • 元同僚と不倫旅行中の夫の前に突然現れたサレ妻は……【後編】
  • こんなことで?!不倫がバレた些細すぎるきっかけ