好きな人ができると、相性が気になりませんか。
自分と似たところが多いほど、相性よく感じられるもの。
性格の良し悪しも、そのうちのひとつでしょう。
 
そこで今回は、性格の良し悪しを腹黒度から考え、血液型別にまとめてみました。
好きな人の人となりを見抜くヒントとして、チェックしてみては?
 

 

A型:腹黒度10%

 

場の空気を読み取るのが上手で、良くしてくれた人のために、積極的に動こうとするのは、A型に多いといわれています。
 
また、記憶や経験を中心にものを考えるA型は、未知のものに慎重です。
危険な橋は絶対に渡りません。
そのため、A型以外の人から「常識人」「お堅い」といったイメージを持たれることも多く、真面目な印象が強いでしょう。
 
そんな彼らなので、腹黒度は全体的に低めです。周りに気を遣って、自分を抑えることが多いA型は、「あのときああしておけばよかった」とくよくよと考えてしまう、苦労性であり、人のいい血液型です。
 

B型:腹黒度30%

 

思ったことはストレートに口に出し、群れて行動したがらないB型は、負けず嫌いで行動基準が少々自分中心です。
自分の考えにこだわり、周りから反対されても、自分の意見を押し通そうとします。
 
周りに合わせることが苦手なため、行動がつっぱしってしまいがち。興味のある話や人には積極的ですが、興味のない話や人には無関心の傾向も。
 
彼らは、好き嫌いがハッキリしているため、言動がわかりやすいでしょう。
自分の興味の持ったものには一心でのめり込み、思い立ったらすぐにやる一直線さは、B型ならでは良さです。
 
そんなB型の腹黒度ですが、彼らはいい意味で表裏のない性格ですので、低いといえます。
 

O型:腹黒度60%

 

よくO型は聞き上手と言われますが、黙って話を聞いているようで、無自覚に情報収集をしています。
冷静で客観性に富んだ彼らは、他人に同調しやすいように見えて、しっかりと自分の意見を持っています。
 
しかも、その意見を頑なに変えようとはしません。怒るときも、怒って損にならないかを理性的に考えるほど理知的です。
 
一方で、自分の本音は見せず、確信を突かれてもスルー、もしくは有耶無耶にしてしまいます。当人にとっては、打算的にやっているわけではありませんが、周囲から見ると、少々腹黒く映ってしまう場面があるかもしれません。
 

AB型:腹黒度40%

 

自分自身の意見や考えに対しても客観視できる彼らは、「おかしいな」と思ったことはあっさりと意見を変えてしまいます。
冷静に見えるので、周りからみると情熱にかけたり、計算高く見えたりしてしまうかもしれません。
 
しかし、実際は感受性が強く、シャイな人も多いです。AB型に天才肌の人が多いのは、彼らの観察力が鋭く、感受性が強いからでしょう。
 
人付き合いはほどほどで、距離を置くことも多いAB型。こと恋愛に関しては、振り回されることもあるかもしれませんが、当人にとっては自然体のことなのです。
 

おわりに

 

世間を生き抜くためには、多少の腹黒さも必要です。
好きな人との相性を見極めるポイントとして、それとなくチェックしてみてくださいね。
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■【血液型別】ヴィラン度
■血液型別サイコパス傾向度
■あやまれば許されると思っている血液型ランキング

血液型】の最新記事
  • 血液型O型男性のLINE傾向
  • 血液型A型男性のLINE傾向
  • 血液型AB型男性のLINE傾向
  • 血液型別×12星座|幸せな恋愛ができる星座ランキング
  • 血液型別×12星座|サクサク仕事を終えられる!効率がいい人ランキング
  • B型男性の恋愛傾向と攻略法◆扱いにくい? 単純明快?
  • 血液型別×12星座|闇が深い性格ランキング
  • ドエスな男性の血液型ランキング