寂しくなると、彼にLINE

最初は甘えるつもりだったのに、いつの間にか喧嘩へ発展。

 

寂しくなっているときだからこそ、言葉を選ばないと……。今回は、寂しいときについ彼氏に送ってしまうLINEをご紹介します。

 

連続的にスタンプを送る

 

今は別々の場所で暮らしている状況で「もしも彼が目の前にいてくれたら、寂しさも共有できるのに」と不安がっていませんか?

 

いくら寂しくても、スタンプを送り続けるのは、彼にとって負担になりかねません。LINEの便利なところは、わざわざテキストとして書き起こさなくても、スタンプで可愛くメッセージを送れる部分です。

 

ただ便利とはいえ、ひたすらスタンプだけを送っていても、彼としては困るでしょう。寂しいなら「今、すごく寂しい気持ちなんだよね」と一言伝えた方が、彼も今の彼女の状況を的確にとらえることができます。

 

「明日、暇なんだよね」と遠回しに自分の気持ちを伝える

 

寂しいときは、彼に会うのが一番。ところが今の自分の気持ちを正直に伝えず、なぜか「明日、暇なんだよね」と遠回しに、デートしてほしいことを伝える人がいます。

 

この場合「デートしてほしい」と言うのも恥ずかしいし、もしも彼に「ごめん、無理」と言われてしまって傷つくのが嫌だから、さりげなくお誘いをしているはずなのですが、単純な彼は、彼女の心理的変化に気がつきません。

 

明日、暇だと言われても「へぇ、そうなんだ」としか返さないでしょう。寂しくて彼に会いたいなら、包み隠さず相手に伝えること。ストレートに伝え続けることが、お付き合いするうえでは大切なのです。

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 豹変にドン引き!? 男性たちに聞く「彼女と別れた理由」4つ
  • 有望株! 今はそう見えなくても将来性のある彼ってどういう人?
  • 男性がもっとも「彼女に知られたくない」こと
  • 付き合いたての彼氏との映画デートを100パーセント楽しむ方法
  • もっともっと愛し合いたい! 彼との仲を深めるために必要なこと3つ
  • 最上級の幸せを大切な彼に!彼氏を喜ばせるサプライズ
  • 彼氏の元カノに嫉妬!見えないライバルに怯えないための対処法4つ
  • タロット|いつも彼と長続きしない……あなたに合った恋人関係の築き方