男性は好きという気持ちが強くなりすぎると、素っ気ない態度を取ったり、冷たくあしらったりする場合もあります。

 

だからこそ、そういった避けるような行動が、好きだからなのか、本当に嫌だからなのかは、きちんと見極めなければいけません。

 

そこで今回は、「好き避け」かどうかの見分け方について紹介します。

 

 

向こうから「近づいてくる」

 

「好きな女の子には、気がついたら近づいちゃっていますよね。話とかもしたいから、なんでもいいから話しかけようって思いになります」(20代・男性・飲食)
 
どんなに好き避け行動を取ったとしても、好きな女性に対しては近づきたいという気持ちがやはりあるもの。
 
これといった用もないのに近くにいたり、男性のほうから話しかけてきたりすることが多いのなら、好意は抑えきれないのでしょう。
 
本当に嫌いだったら、余ほどのことがない限り、わざわざ自分から歩み寄ろうとはしないはずですよ。
 

結局は「手を貸してくれる」

 

「普段は嫌味とかを言ってきても、困ったときには助けてくれる男性は、私のこと嫌いではないんだろうなって思います。私もそういう男性は嫌いじゃないですしね」(30代・女性・出版)
 
たとえ冷たい態度を取ったとしても、結局は手を差し伸べてしまうのは、好きだからこそ。
 
お願い事をしたときに、面倒くさそうにしながらも、なんだかんだでやってくれるのも同様のパターンでしょう。
 
最終的にどういった行動を取るのかによって、その男性のあなたへの本心がなんとなく垣間見えますよ。
 

明らかに「嫉妬」をしている

 

「好きな女の子には、嫉妬を隠せなくなってしまう。カッコ悪いなって思うんですけど、思いっきりヤキモチ焼いちゃいますからね…」(30代・男性・不動産)
 
「嫉妬」というのは、「好き」という気持ちがあるから起こる感情。
 
明らかに嫉妬によって、冷たくなったりムスッとしたりするのなら、それは好き避け行動の王道パターンです。
 
ほかの男性と仲良くしていたあとに素っ気なくなる場合は、完全に好き避けが発動していると言えるでしょう。
 

あとで「フォロー」してくる

 

「なんかひどいことを言ったあとにフォローしてくるのはずるいなって思う。好意を持ってくれているんだったら、もっと素直に表現してほしい」(20代・女性・WEBデザイナー)
 
好き避け行動を取っているときは、男性としても自分ではうまくコントロールできないもの。
 
そのため、あとで冷静になってから、後悔したり反省したりするケースが多いです。
 
冷たくしたあとに、急にやさしく接してくる男性は、さっきの行為を打ち消したいという思いが強いのでしょう。
 

さいごに

 

冷たい態度を取ったとしても、最終的には思いやりを持って接してくれるのかどうかで、その男性の本心はわかるでしょう。
 
好意を持っている女性には、ただただ冷たくするようなことはないはずですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■「特にない」「なんでもいい」自己主張がない男性との付き合い方
■軽く思われてるの?「当日のお誘い」をしてくる男性の心理
■デート中に男性のテンションを下げてしまう「いらない一言」

好きな人】の最新記事
  • ムードを作る! 好きな男性と「いい雰囲気」になるコツ
  • 自然にデートまでつなげる! 男性に「断られにくい」誘い方
  • 年下に目覚めた…? ひとまわり年下男子と付き合う方法
  • 男性が好きな女性に無意識にやってしまう行動
  • 好きな人と音信不通に! 理由と対処法は?
  • 好きな人に「妹的存在」宣言をされた! これって脈ナシ?
  • 「それ、本当に優しさ?」優柔不断な男性の特徴
  • 彼をチェック!「包容力のある男性」診断チェックシート