不意に発した一言が、男性を傷つけていたり、嫌な気持ちにさせてしまっていたりすることもあるもの。

 

もしもそれがデート中であったら、「この子とは合わないかも」なんて思われることにもなりかねないでしょう。

 

そこで今回は、デート中に男性のテンションを下げてしまう一言について紹介します。

 

 

「微妙なお店だったね」

 

「色々と調べて探したお店のことを悪く言われると、ちょっとショックですよね。『美味しくなかったね』とか言われたら、もうそこからデートをする気がなくなる」(20代・男性・建築関係)
 
自分が予約したお店や自分が考えたデートプランに文句を言われると、自分自身がダメ出しされているような気分になります。
 
そんなつもりはなかったとしても、男性を嫌な気持ちにさせてしまう危険性は高いので注意が必要。
 
男性のほうから「なんかイマイチだったね」などと言ってきた場合はまだいいですが、自分から文句を言うのはやめておきましょう。
 

「なんか疲れたね」

 

「前にデートした子が、ずっと疲れた疲れたって言ってて、もう最悪な気持ちになりましたね。もう帰って休みなよって最終的には言ってしまいました」(30代・男性・映像制作)
 
デート中に「疲れた」と女性から言われると、男性はかなりテンションが下がります。
 
デート自体にあまり乗り気ではないようにも見えてしまうので、男性もそこから一気にやる気がなくなるはず。
 
本当に疲れた場合には、「ちょっと休憩しない?」という言い方にすれば、気まずい空気を作り出さずに済みますよ。
 

「なんでもいいよ」

 

「『なんでもいいよ』ばっかりだと、やっぱりテンションが下がります。もうちょっとデートを盛り上げようっていう気持ちはないのかなって…」(30代・男性・システムエンジニア)
 
「なんでもいいよ」とか「任せるよ」といった一言は、ちょっと投げやりなようにも思われてしまいます。
 
リードしてほしいという気持ちがあったとしても、何を聞かれても「なんでもいい」と答えるのはさすがにNG。
 
どうするか一緒に話し合って決めたほうがデートも盛り上がりますし、ふたりで楽しんでいる雰囲気が作り出せますよ。
 

「なんか面白い話してよ」

 

「『面白い話してよ』って、めちゃくちゃ無茶ぶりですよね。しかも、ちょっと上からな感じで言われると、イラっともしますね」(30代・男性・インストラクター)
 
「なんか面白い話してよ」と言われると、男性としては「つまらないのかな?」という不安が生じます。
 
デート中に女性が退屈しているのが一番嫌なことなので、落ち込んでしまう場合だってあるかも。
 
ふたりで話している時間を楽しむのがデートの醍醐味なので、一緒に会話を盛り上げようという気持ちを持つことが大切ですよ。
 

さいごに

 

デートはお互いの思いを高め合っていくための時間でもあるので、不用意な一言には注意が必要です。
 
相手がどう感じるかをしっかりと考えて話すようにすれば、嫌な気持ちにさせることはなくなるでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■昔やんちゃだった…なぜ男性はありもしない「悪自慢」を女性にするのか?
■話し上手と聞き上手、本当に男性から好かれる女性はコッチ!
■私服ダサ男の対処法!ファッションセンスに伸び代はあるのか?

彼氏】の最新記事
  • 女性には理解できない男の習性を解説
  • 生理的に無理……と思った彼氏の行動エピソード
  • 彼氏にすると危険?「外ヅラだけいい男」を見極めポイント
  • こんな奴だったなんて…コロナで気が付いた幻滅エピソード5選
  • 【実録】彼氏からの神LINEとガッカリ最低LINE
  • ヨリを戻したいの? 男性が思わず元カノを思い出すとき
  • 彼氏に絶対に面倒くさがられる、引かれる失敗LINE事例集
  • 恋人探しは理想や現実が重要? それともフィーリングを重視するべき?