友達には幸せな恋愛をしてほしいものです。

 

ですが、友達から聞かされる恋バナが、ときには痛々しく、心から応援できないこともあります。
幸せそうな友達の顔を見たら「だまされているんじゃ……」とも言えない。
そんなイタイ恋愛とはどういった恋愛か、ご紹介します。

 

「イタイ恋愛」ケース1 彼氏って言っているけど

 

千春(仮名・29歳)は、離婚問題を中心に扱っている弁護士事務所で、事務職として働いています。

 

職場の弁護士と恋に落ち、付き合い始めたのですが、相手は既婚者だといいます。

 

「仕事柄、離婚は簡単じゃないってわかっているけど、彼は離婚するつもりでいるみたい」
付き合い始めて一年、現在は、週に二日は仕事帰りにデートする間柄だといいます。

 

「彼氏に対する不満は、結婚しているってことしかない。不倫だっていう自覚はあまりないかも。彼氏の友達にも、彼女って言って紹介してもらったこともあるし」
と幸せそうに語ります。

 

千春は、既婚者の男性と彼氏彼女の関係だと純粋に感じているようです。
ですがこれ、周りからは
「彼氏っていうか不倫相手でしょ?」
「結婚しているのに、不倫相手を友達に紹介する男ってヤバい」
とさんざんな評判です。

 

「イタイ恋愛」ケース2 それって付き合っているっていうの?

 

英子(仮名・33歳)は、絵画スクールで絵を教えているアート好きの女性で、現在1歳になる子どもをひとりで育てています。

 

子どもの父親とは、絵画スクールの先生と生徒という関係で出会い、
「子どもが欲しい。結婚しなくていいし養育費もいらない」
と頼んで子作りに協力してもらったため、子どもが生まれてからは連絡を取り合っていません。

 

現在は絵画スクールで出会った、ひと周り年下の男性と付き合っていると言いますが、周りからみるとそれは「お付き合い」とは言い難いものでした。

 

フリーターの彼とのデート費用は、いつも英子が負担。画材を買うための費用も、お小遣いとして渡しているといいます。

 

「私が年上だから、これくらい当たり前」
と本人は言いますが、英子の友達は、
「もっといい人がいるはずなのに。金づる扱いされているのでは」
と苦々しく見守っています。

 

さいごに。イタくない恋愛ばかりじゃつまらない

 

今回は、
「不倫で本気になるイタイ恋愛」「愛情という言葉のもとに、貢ぐイタイ恋愛」
の2パターンの恋愛事例をご紹介しました。

 

実際に、これらふたつの恋愛をイタイ恋愛として片付けるのは簡単です。

 

ですが、本人たちはいたって真剣に恋をしているのです。
正しい恋愛だけでなく、イタイ恋愛を経験することで、経験値が上がることもあるでしょう。

 

周りから祝福されないイタイ恋愛だと感じつつも、やめられない恋愛のほうが本人は楽しめる、というケースも多々あるのです。

 

本気の恋愛なら、友達や親からなんと言われようとも、やめられないはずです。
「イタイと思われているからやめよう」なんて割り切れてしまう恋愛は、する価値もありません。

 

イタくてもイタくなくても、本気の恋愛をできた人は、人生の本当の楽しさを知るラッキーな人なのかもしれません。

 

今来 今/ライター

公開日:2018年7月10日
更新日:2019年6月24日

 

■友人のめんどくさい恋バナを聞くときの正しい態度とは?
■タロット占い|友達との相性をチェック!
■男女の友情は成立する?

 

友達】の最新記事
  • 応援できなくてごめん! でもやっぱり引いた友達の「イタイ恋愛」
  • 気が進まない結婚式…行かなくちゃダメ?
  • タイプ別! 友達と好きな人がかぶった時に取るべき行動
  • 彼氏との関係が気まずくならない程度に男友達とも仲良くする方法
  • 友人のめんどくさい恋バナを聞くときの正しい態度とは?
  • 友達から恋愛対象に昇格するきっかけって?
  • 男友だちがほしい女性必見!男性が勘違いしてしまうのはこんな言動
  • ハロウィンを盛り上げよう!みんなが楽しめるゲーム特集