20代の頃は、仕事、プライベートでも、何かと世間的に許されることも多かったと思います。
しかし、そんな若さ故に許されていたという事実に気がつかぬままアラサーを迎えてしまうと、痛いオバさんとして批判の対象になってしまいます。
 
30代になった女性が、いつまでも20代気分でいた結果、招く悲劇をご忠告致します。
これからアラサーになる女性も、既にアラサーを越えている女性も、今からでも遅くありませんよ。
 

 

ファッション

 

ファッションは自己表現のひとつとして、年齢関係なく自由で個性的であるべき。
と思いますが、自由と気遣いの無さは別物です。
 
例えば、結婚式に花嫁とかぶる白い服装をするのは厳禁だと言われています。
子供の授業参観など学校行事に、露出度の高いセクシーな服装をしていけば子供が嫌がるかもしれません。
 
アラサー女性が、20代気分のファッション感覚で痛い目をみるという意味は、20代の頃と変わらない若づくりの服装をするというだけではありません。
TPO、相手やその場の雰囲気に合わないファッションを、ゴリ押ししてしまう気遣いの無さは人間関係にも大きく影響するのがアラサー世代。
 
デートの服装によっては、いい感じだった彼との関係も悪化しかねません。
 

言葉遣い

 

慌てた時などにポロリと出る、素の言葉遣いにも注意です。
「マジ、ありえないんですけど。」「ゲッ、超サイアク~。」仕事中など日常的にポロっと出てしまうと、大人の女性としての品格を疑われてしまいます。
 
特に、言葉遣いの落とし穴はメールでの文章。
大人の女性らしく、デスマス調、敬語を使用していても、「それは超大変でしたね。お気持ちお察し致します。」
と書いてしまっては、常識のないアラサーだと思われてしまうでしょう。
 

女子会、グループ行動ばかり

 

彼氏がいなくても女友達がいれば最強! と女子会や女子グループでの旅行などを楽しめた20代。
 
しかし、アラサーが近づくにつれ、女友達との距離感も変化してきます。
結婚、出産をする人、仕事が昇級し忙しくなる人、いつまでも大人数で集まれなくなってくるものです。
 
そんな時に、おひとり様行動が出来ない女性ですと、孤独を感じてしまうでしょう。
 

SNSアピール

 

自撮りの顔面アップばかりで、一体どこを旅したのか分からない旅写真を投稿したり、ビーチや浜辺で水着姿でキメポーズで写真投稿するなど。
 
日本では年齢が上がるにつれ、過度な自撮り写真については厳しい意見が多いのが現状です。
 
すっぴん公開自撮り写真や、さりげなく写り込む胸の谷間、美脚写真、自撮り系写真には「いいね」が付きやすいのですが、実は心の奥で、毒舌意見の人も多いので注意が必要です。
陰で痛いアラサー認定されてしまいます。
 
しかし、海外では自撮りのSNS投稿に対して日本ほど厳しい意見はありません。
 

女を武器にする

 

多くの男性が、20代の若い女性に甘いのは確かです。
職場でも、特に甘え上手な女性は、少しくらい仕事が出来なくても、上司に可愛がられます。
しかし、そんな若さに甘んじていると、アラサーになった時に大変です。
 
アラサーになっても、職場で、女を武器にして通用するのは愛人候補くらい。
いつまでも仕事が出来ないと、どんどん窓際に追いやられてしまいます。
 
仕事が嫌いであったり、やりがいを感じない人は、計画的に20代後半で一度寿退社をしてしまうのも、ひとつの手かもしれません。
 

さいごに

 

「認めたくないものだな、若さ故の過ちとゆうものを」
これはガンダムに登場する、シャアの最も有名な名言です。
彼は若干20歳という若さで、このセリフを言い放ちますが、若気の至りというのは誰にしもあることです。
 
もしも、あなたがアラサーで、いつまでも20代の気分が抜けず痛い目に遭ってしまったと実感しているならば、その過ちを潔く認め、気が付くことで成長出来ます。
 
80代の人から見れば、30代でも、まだまだ若い、人生のひよっこ。
人間は何歳になっても人生を学び続けられます。
 
(ライター/キタミカ)
 
■30代になって理解した…20代の頃に勘違いしてたこと
■今、大人の女性が考えるべき「今後の人生について」
■20代、30代、40代、50代|年齢を重ねるごとに変化する女性の悩み

人間関係】の最新記事
  • 本当にあった……肝が冷えるオフィスの怖い話
  • イタイ!アラサーが使っていると「イタさを感じてしまう」若者言葉5選
  • 職場のお局が起こした衝撃エピソード4選
  • 【パワーストーン】不安や悩みを解消するために効果的な石とは?
  • かわいい顔して腹黒なヤバい女の特徴
  • もうそういうマインド、流行ってないですよ…イタイ男、その古めかしい言動色々
  • 【タロット占い】今のあなたの周囲からの印象「みんなにどう思われている?」
  • 女の嫉妬は怖い…本当にあった恐ろしすぎる女の戦い【後編】