ネットや本屋を見渡せば、さまざまな恋愛テクニックがあふれています。

しかし、その中には明らかに間違った、場合によっては逆効果にもなりうる内容が少なくありません。

 

そこで今回は、間違っている恋愛テクニックを、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

 

間違った恋愛テクニック1 メールやLINEにすぐ返信する

 

“自分の好意が相手に伝わりやすいから、気になる男性のメールやラインにはすぐ返信!”というのは間違った恋愛テクニックです。

 

確かに、心理学には“好意の返報性”という言葉があります。

 

「好意の返報性」とは、好意を向けられると、自分も好意を向けたくなるという心理傾向のこと。つまり、好き好きアピールをされると、いつの間にか相手を好きになってしまうというものです。

 

実際に、すぐに返信すれば、こちらの好意に男性は気づくでしょう。その結果、好意の返報性を起こすことは、もちろん可能です。

 

なぜ? すぐに返信しちゃいけない理由

 

しかし、この恋愛テクニックには大きな落とし穴があります。

それは、男性は“追いかけられる恋愛”より“追いかける恋愛”を好むことにあります。

 

「あの子は俺のことが好きなんだな」と思わせてしまうと「追いかけたい」という気持ちは起こらなくなり、恋愛対象から外されてしまうおそれがあります。

 

ポイントは、毎回早く返信するのではなく、たまに早く返信するようにすることです。

そうすれば「あれ、俺のこと好きじゃないの!?」「結局、俺のことどう思ってるの!?」と男性を惑わせることになり、男性の「追いかけたい」という気持ちをかき立てることができます。

 

間違った恋愛テクニック2 しつこいボディタッチ

 

“ボディタッチが男性の性的興奮を高めて、異性として意識されやすくなる”というのは、正しく思えますが間違った恋愛テクニックです。

 

確かに、ボディタッチをされれば“そういう気持ち”になります。

しかし、このアプローチをされて恋愛関係に発展しても、身体だけの関係になりやすく、なかなか長続きしません。

 

また、ボディタッチをさりげなくする女性は、「ビッチ」「ふしだらな女性」というイメージを与えるおそれがあるので、万能な恋愛テクニックとは言えません。

 

はじめのうちは、指と指が当たるくらいの軽いタッチを狙い、時間をかけて腕へ肩へとタッチの面積を広げていくことをオススメします。
じれるくらい少しずつ、距離を縮めていくのもテクニックです。

 

間違った恋愛テクニック3 か弱い女の子アピール

 

“か弱さをアピールすれば、男性の守ってあげたいという気持ちをかき立てることができる”というのは、間違った恋愛テクニックです。

 

男性は“男らしさ”や“頼もしさ”を求められると、相手を異性として意識する傾向があります。

 

しかし、過度なか弱さアピールには「こんなことも自分でできないのか……」「何でもかんでも人に頼ろうとしてる?」と、不信感を抱く男性が少なくありません。

 

とくに最近は、男女平等が当たり前ですから、男性は「か弱い女性=自立できていない女性」と捉える傾向があります。

 

仕事に対する考え方がしっかりしている、将来設計をちゃんと考えている、などの自立した女性としての姿を印象づけているからこそ、か弱さアピールが活きてくるのです。

 

大前提として「しっかり者」「男が頼れる部分をもっている女性」を見せることが、男性を落とすために必要なテクニックなのです。

 

まとめ

 

今回ご紹介した恋愛テクニックですが、頻繁に使ってアプローチすると失敗する確率が高くなってしまいます。使いすぎは逆効果、適度に活用してこそのテクニックです。

 

たまに使うことを意識して、効率よく男性の意識をこちらに向けることで、恋はスムーズに進展しますよ。

 

(高萩陽平/ライター)

公開日:2017年11月27日
更新日:2018年8月31日

 

■モテ服モテ会話NG!「もう一度会いたい」と思わせる初デートとは?
■恋愛テクニック占い|今のあの人に有効な恋の駆け引き
■意外と見落としがち?男にモテるポイントって

 

恋愛テクニック】の最新記事
  • ギャップを使って彼を落とすテクニック
  • 恋愛対象外なのに…興味薄の男性とのLINEを今すぐ終わらせるフレーズ
  • 双子座(ふたご座)男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 蠍座(さそり座)男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 「愛されたい」なら「愛する技術」を磨こう!
  • 彼の味方でいてあげて! 男性が癒やしを感じるLINE
  • 牡牛座(おうし座)男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • どこなら触っていい?ボディタッチに対する男の本音