1回目はお話しできたけど2回目はない……
「会うのは1回きりで勘弁して」と男性たちが残念がる女性のことを“これっきりオンナ”と呼ぶそうです。

 

女性側にしてみれば、よかれと思っている発言や行動、ファッションでも、必ずしも男性にウケるというわけではありません。

 

もはや習慣化している癖ならば無意識に出てしまい、なぜ煙たがられるのかも分からないままになってしまいます。

 

知らず知らずのうちに出てしまっているなら要注意です。
“これっきりオンナ”の特徴をチェックして、もし当てはまったら今後の振る舞い方の参考にしてみては?

 

言うまでもありませんが……婚活の現場で“これっきりオンナ”は相手にされにくい傾向にあります。
男性たちはへらへら笑っていても、心の中では「2回目はないな」と“あり・なし”を仕分けしているのです。

 

これっきりオンナに認定されないよう、くれぐれも注意してくださいね。

 

 

男性が避ける女性 ケース1. 言葉づかいが汚い

 

結婚を前提にお付き合いをする相手に望まない要素、それは言葉づかいの悪さ。
なにげない一言でも、言葉の汚さはバレてしまいます。

 

たとえば、
「マジ」「ムカつく」「超すごい」「鬼うまい」「これ神じゃん」
など、どう考えても丁寧とは言えない言葉づかいやフレーズは禁物です。

 

別パターンでは
「ですよねーー」「わかりますぅーー」「すごーーい」
など、やたら伸ばす口調も、婚活の現場では“これっきりオンナ”に認定されるでしょう。

 

言葉は習慣化すると体に染み込み、無意識で発するようになるため、日頃からキレイな言葉を使うように心がけておきましょう。

 

男性が避ける女性 ケース2 非モテなファッション

 

女子会や休日のファッションなら問題ないのですが、デートやパーティーなど婚活の現場にTPOを考えないファッションで姿を現す女性がいます。

 

TPOとはTime(時間)・Place(場所)・Occasion(状況)のことをいい、時間と場所、状況に応じた態度や服装などを使い分けることを表します。

 

婚活の現場がどんな場所であるか分かっているはずなのに、TPOを無視したファッションで登場する女性は、人間性を疑われても仕方ありません。

たとえば、過剰な露出、ダメージジーンズ、ワンピースというよりはドレスに見えるもの、ゴスロリ……など。
ブランドものであっても、スニーカーやスリッポンは「ナシ」でしょう。

 

普段より倍以上キレイに見られたいと思っても、時間と場所、シチュエーションを正しく理解し、それに合わせたファッションで男性と対面するのが好ましいのです。

 

男性が避ける女性 ケース3 自分を自分の名前で呼ぶ

 

大人の女性なら、自分のことを「私」と呼びます。
しかし、これっきりオンナは自分のことを自分の名前で呼んでしまう場合が多いといえます。

 

たとえば、花子という名前であれば、「ハナは~虫が苦手で~」といった感じ。
これを聞いた男性はその女性に対して、結婚を意識するどころか、話をする気さえ失せてくるでしょう。

 

交際が始まって、しばらくしてからなら許せるかもしれませんが、いきなり自分を自分の名前で呼ぶ女性は、1度目のデートはやり過ごせても、2回目にはつながらないのです。

 

このような言動を婚活の現場で披露したら、間違いなく一発アウト。
癖になっている人は、日頃から「私」に直すよう訓練したほうがいいです。

 

男性が避ける女性 ケース4 プライドの高さが垣間見える

 

つまり、“お高くとまっている”女性のこと。
殻を割ってしまえば誰にでも素直になれるはず。しかし、プライドが邪魔をしてそれを許さない人は、「これっきり」と思われてしまいます。

 

しかもこのタイプは、プライドが高いという自覚がない場合が多いのです。
自覚ナシで上から目線の発言をするので、男性からは
「一緒にいてもつまらない」
「気分が悪い」
と思われることでしょう。

 

プライドが高い女性との恋愛は無理!
それが男性たちの本音なのです。婚活の現場で、プライドは邪魔になると覚えておきましょう。

 

おそらく……男性にかぎらず、女性同士でもプライドの高い女性は煙たがられるのではないでしょうか。

たとえば

・自慢話が目立つ女性(さり気なく自分の話ばかり)

・上から目線で、どことなく見下している態度の女性

・負けん気が強く、素直に自分の非を認められない女性

・ブランド志向が強く、ハイブランド=自信・優越感につながると考えている女性

・協調性が欠如し、周囲と同じ立場で協力し合えない女性

・少ししゃべっただけでも、「自分が大好きなんだな」とすぐに分かる女性

・とにかく1番がいい。2番以下はすべてビリと同じ

・地位や学歴などステータスで物事を判断する傾向が強い女性

・空気を読んでいるつもりが自分中心になっている

など。

 

男性が避ける女性 ケース5 悪口や陰口が多い

 

男性がドン引きする女性は、その場にいない他人の悪口を言うタイプ。
人の欠点に目がいくのが癖なのか、わざわざそれを暴露したり話したりするのは、即「ナシ」と思われてしまいます。

 

そんな姿を見た男性たちは、
「よそで俺のことも悪く言うんだろうな」
「付き合ったら、いつも悪口を聞かされそうだな」
と疑心を抱くんですね。

婚活にかぎらず、友人にもしたくないと思う男性が多いです。

 

本人のいないところで陰口を言い、悪口を披露すれば、確実に“これっきりオンナ”の仲間入り。

 

仮に、悪口に乗っかってくるような男性がいるとすれば、その人も歪んだ心の持ち主だといえます。
いずれにせよ、他人の陰口や悪口を言うのはよくないのです。

 

 

男性が避ける女性 ケース6 自分大好き! ナルシスト

 

自己愛は必要です。しかし、度が過ぎるとナルシストになってしまいます。
ナルシストな男性も厄介ですが、女性のナルシストもかなり面倒……

 

ナルシストな女性にかぎって、自己中心的な言動が目立つ場合や情緒不安定な傾向があります。
また、自分のことが大好きだから、ついつい話題も自分中心になってしまいがち。

 

誰かと話していても、コミュニケーションの8割が自分中心で話を進めていることが多いでしょう。
相手の話題を「私だったら~」「私は~」とすぐに自分の話へ切り替えてしまうのです。

 

こういう女性と話していると、男性は疲れちゃいます。
「自分のことばかり。俺の話も聞いてほしい」
そう感じて、“これっきりオンナ”として恋愛候補から外されてしまう可能性が大。

 

男性が避ける女性 ケース7男性が避ける女性  ヘアケアが見るからに悲惨

 

傷みだらけのボサボサな髪、染めた髪が伸びて黒髪が浮いている、ツヤがないのにウェットな髪など、ヘアケアを怠っていると身だしなみができない女性として見られてしまいます。

 

結婚を前提に意識するとなれば、家事や洗濯、掃除といった結婚生活が男の脳裏をよぎるでしょう。

 

身だしなみの悪さが分かった途端、おそらく結婚を前提に付き合えない相手となり、“これっきりオンナ”が確定します。

 

髪は女性にとって、美の象徴のひとつ。
婚活で自分磨きが必要だとしたら、まずは徹底したヘアケアを心がけましょう。

 

 

男性が避ける女性 ケース8 異常なメイクの濃さ

 

これについてもTPOの問題だといえます。大人の女性ならば、時間と場所、状況に応じた態度や服装などを使い分けるべきでしょう。

 

婚活の現場がどんな場所であるか分かっているはずなのに、TPOを無視したメイクで登場する女性は、一瞬で「ナシ」と思われます。

 

あまりに濃いアイライン、バサバサと音がしそうなつけまつげ、見るからに厚ぼったいファンデーション……また、男性は青いアイシャドウには違和感を覚えやすいようです。
そもそもメイクにおける青という色が上級者向けなので、上手に使いこなせる女性が少ないのでしょう。

 

ナチュラル系に少し上乗せするくらいのメイクが理想的。
それが婚活の現場にはふさわしいと言えます。

 

まとめ

今回は婚活で男性から“これっきり”と思われてしまう女性の特徴について、8つピックアップしてみました。

 

もし、思い当たる項目があったなら、あらためたほうが今よりも印象はよくなるはずです。
「どうして婚活がうまくいかないの?」と悩んでいる女性は、今すぐ改善してみましょう。

 

(カナウ編集部)

公開日:2017年11月11日
更新日:2018年10月29日

 

■初デートで言われたら「付き合いたくない」と思う女性のNG発言

■「気になる男性を前にすると自分らしさを出せない」女性への処方箋

■アラサー女性のミニスカ、ショーパンはイタい!? NGラインはココ!

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 婚活女子の間違った思い込み! 「私って黒が似合うじゃないですか」
  • 見極めが大事!結婚向きの男性の特徴3つ
  • 「彼にプロポーズしてほしい」ときに絶対してはいけない3つの行動
  • 彼は好きだけど…親に反対される結婚、どうする?【沙木貴咲にガチ相談】
  • 実録!今、話題の“婚活スナック”って実際どうなの!?【マッチング編】
  • 結婚運を持っていても生涯独身!? 自分の運命を信じて結婚する秘訣
  • お見合い結婚のススメ!「百パーセントの夫婦」が語るメリット 4つ
  • 女性はドン引き必至!男性が結婚に求めるリアルな本音とは