皆さま。ご機嫌いかがでしょうか。

今回お伝えする運命数とは、カバラ数秘術のもと、生年月日から計算し、導き出すことができる、個人が生まれ持った「運命の数字」のことです。

 

カバラ数秘術の発祥は古代ユダヤとされており、占い術のひとつで、今も昔も占い方に変わりがないことが特徴です。

 

運命数からは、その人の性質や性格を細かく知ることができます。

 

そこで今回は「運命数別の怒り方の違い」をお伝えしていきたいと思います。

 

運命数の計算方法

 

運命数とは、生年月日の中にある数を全てバラバラにし、一桁になるまで足すことででてくる数字のことです。

【運命数の計算例題】

1992216日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30

30をさらに一桁まで足します。3+0=3

運命数は3となります。

 

運命数1

 

運命数1の人は、ストレートに隠さない怒り方をします。運命数1の人は、オブラートにつつむことや、気を使うことはできません。

思っていることをストレートに伝えてくるので、嫌われてしまうことが多いかも……。でも、表裏のない素直なところがいいところなんです。

 

運命数2

 

運命数2の人は、人を傷つけることが自分を傷つけることにつながる人が多く、自分が言われて嫌なことは怒っていても言いません。

怒って何かするよりも、怒っている物事に対して、穏便な解決ができるように働きかけてくれます。

 

運命数3

 

運命数3の人は、ほぼほぼ怒りません。楽しいことがすきなので、怒っても楽しくないと思っている人がほとんどです。

怒るとしても、1人でこっそりと、物に当たるとかしているかも。

 

運命数4

 

運命数4の人は、優しそうに見えてとっても冷たい人が多いんです。一見、怒らない優しそうな人でも、物事に冷めているからこそ怒らないだけなんてことも……

怒っているときは、無視するや、冷たくするなどするでしょう。

 

運命数5

 

運命数5の人は、こどもっぽい怒り方で、逆に人を魅了するでしょう。運命数5の人は、自分がどうしたら人に好かれるかを知っています。怒り方だって、可愛い怒り方をするように計算をしているのです。

 

運命数6

 

運命数6の人は、貯めこみすぎて怒り出します。いつもは優しく、大抵のことは笑って許してくれる運命数6の人。

しかし、ある一定の怒りポイントが貯まると、もうなんでもかんでもイラついてしまう。口癖は「それ前も言ったよね」です。

 

運命数7

 

運命数7の人は、基本的に「人と人はわかりあえない」という考えの人が多いです。そのため、怒るとゆうよりかは関わらない。無反応を貫きます。

大切に思っている人には、ちょっと熱くなりますが、興味のない人には基本的に無視です。

 

運命数8

 

運命数8の人は、とてもプライドが高い人が多いです。そのため、論理的な怒り方をします。なぜ私が怒っているのか、相手のどこが悪いのか、聞いてもいないのに説明してきます。

一通り喋り終わると、ストレス解消したのか、ちょっとだけ落ち着くのです。

 

運命数9

 

運命数9の人は、ぐっと我慢してしまいがちな人が多いです。もめ事が好きではないので直接人に攻撃することはまずありません。

なので、他の人に愚痴を言います。その時は、もう怒りにまかせて怒鳴ったり叫んだり。それでストレスを解消しています。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

運命数に興味がある方は、運命数の別の記事も読んでみてくださいね。

 

(澪/ライター)

■【数秘術】運命数別の性格『裏と表』
■【数秘術】運命数別のラッキーカラー
■【数秘術】運命数別の男女の魅力

 

数秘術】の最新記事
  • 【カバラ数秘術】運命数2の基本性格と運命
  • 【カバラ数秘術】で占う!運命数別の相性
  • 【カバラ数秘術】運命数1の基本性格と運命
  • 【数秘術で占う】重い女ランキング
  • 【数秘術別】脈ありサイン
  • 【カバラ数秘術】運命数とは?性格の特徴と運命について
  • 【数秘術】あなたの持つオーラ
  • 【数秘術】運命数別の怒り方の違い