結婚相手の血液型で人気のO型。穏やかで聞き上手なイメージのあるO型ですが、内面的な人となりまでは、把握できていない人も多いのではないでしょうか。
 
今回は、彼氏の血液型がO型だったことを想定して、O型彼氏の取扱説明書をまとめてみました。彼の人となりの把握するヒントに、はたまたふたりの相性を図るヒントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

 

意外と頑固で自己中心的である

 

冷静で取り乱すことをしないO型は、女性にとって安心感を抱かせるタイプです。女性の話を「うんうん」と黙って聞いてくれることにより、穏やかで落ち着きある印象を抱く人は多いでしょう。
 
しかし、実際は興味のない話は聞き流していることも多く、自分のことになると、途端に自分勝手になってしまう人も少なくありません。たとえば女性の話について、内容を覚えていないことも多く、本人からすれば不満に思うこともあるでしょう。
 
元々O型は、血液型のなかでも最も頑固なタイプだと言われています。人に意見を押し付けたり、理解させようとしたりはしませんが、いくら好きな人が相手でも、意見を変えようとはしない、頑固なところがあります。
 
特に自分のことになると、途端に頑固で自己中心的になってしまう人も多いでしょう。相手の意見を否定はしませんが、自分のペースに巻き込んで、自分の思い通りに事を運ばせようとするのです。
 
相手に不快感を与えず、自分の考えにさり気なく誘導しようとするのは、O型だからなせる業でしょう。
 

本音を言わないからこその包容力

 

O型は自分の本音をあまり言わないタイプです。女性からすると、彼の考えていることがわからず、不安を抱いてしまうかもしれません。
しかし、元々O型は自分のことを話すことに、ガードが堅いタイプです。
 
城壁型思考パターンと呼ばれ、好きな人でさえも自分の本音を話すことをしない人も少なくないでしょう。表面的にはフレンドリーで、親しみやすいキャラクターの人が多い分、この辺りはギャップを感じる部分かもしれません。
 
ただ、本音を言わないからこそ、おおらかに映る部分が際立つ面もあるでしょう。
女性の話を「うんうん」と上手に聞いてくれて、否定的な意見を言わないO型に、頼りがいと包容力を感じる異性は多いと思います。
 
ですので、基本的にはO型彼氏の意見を尊重しながら、自分の考えや意見を相談したり、彼に判断を委ねてしまったりしていいと思います。O型彼氏は愚痴を言われたり、聞かされたりするのがイヤだと思わない人が多いです。
 
O型彼氏の裁量の範囲内で、動ける恋人であれば、普段の付き合いのなかで大きな問題が起こることは少ないでしょう。
 

O型彼氏に委ねる付き合いをしよう

 

冷静な判断力を持ちより、度量の広いO型は、女性から見て安心材料が高い男性でしょう。
基本的には彼の判断に任せつつも、お互いの信頼を積み重ねられる交際をするのが、先決だと思います。
 
彼のことを信じられたとき、O型も本音を少しずつ言うようになり、前向きにあなたとの関係を考え出すでしょう。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■【血液型別】AB型彼氏の取り扱い説明書
■【血液型別】B型彼氏の取り扱い説明書
■【血液型別】A型彼氏の取り扱い説明書

血液型】の最新記事
  • 【血液型別】A型、B型、O型、AB型男性の別れのきっかけ
  • 血液型O型男性のLINE傾向
  • 血液型A型男性のLINE傾向
  • 血液型AB型男性のLINE傾向
  • 血液型別×12星座|幸せな恋愛ができる星座ランキング
  • 血液型別×12星座|サクサク仕事を終えられる!効率がいい人ランキング
  • B型男性の恋愛傾向と攻略法◆扱いにくい? 単純明快?
  • 血液型別×12星座|闇が深い性格ランキング