大好きな男性への想いが成就し恋人となったなら、彼に大切にしてもらいたいと思うのは当然のことですよね。

 

ですが、気付けばいつも彼氏に浮気されたり、暴言を吐かれるなど、冷たくされたり、ひどい扱いを受けてしまうという方も、なかにはいるかもしれません。

 

「付き合う相手が悪かった」と言えばそれまでなのですが、単に人選を間違っているだけでなく“大切にされるための行動”ができなくて、自ら大切にされない方向へと導いている可能性があります。

 

今回は、彼氏に大切されるために重要な4つの方法をご紹介していきましょう。

 

 

1.「大切にされること」を目指さない

 

逆説的ですが、彼氏に大切にされたいと本当に思うならば、大切にされることを求めてはいけません。大切にされることより、自分が相手を大切にすることを目指すべきなのです。
 
なぜならば、「大切にされる」というのは受け身の行動だからです。基本的に、人は相手の行動を操ることはできません。
 
しかし、自分の行動を変えることはできます。まずは彼氏のことも自分のことも大切にすることを心がけましょう。彼氏には誠実に思いやりを持って接しましょう。
 
また、彼氏に「大切にされていない」と感じるようなことがあったら、口に出して「こういうことはしてほしくない」とはっきり伝えましょう。言っても変わらないようなら、別れを告げましょう。自分のことを大切にしない人のことを、無理して大切にする必要はありません。
 

2.無理に相手を変えようとしない

 

大切にされるために彼氏が変わることを期待したり、強制してはいけません。なぜなら、彼はあなたではないからです。人が変えられるのは自分自身だけだということを認識しておく必要があります。
 
逆の立場になって考えてみてください。自分のありのままを受け入れてくれず、変わることを強制してくるような人を、大切にしたいと思う人はいないでしょう。
 

3.ひとりの時間も楽しむ

 

彼氏といる時間を楽しみたいなら、まずはひとりの時間を楽しみましょう。ひとりの時間を充実させているあなたを見たら、彼氏は「自分がいなくても生きていける女性」と認識することになります。男性に依存していない彼女は、彼に不満を持ったらあっさり見切りをつけることもできるのです。
 
そのため自分のもとを去る可能性を感じて、彼氏はあせってあなたに自分の方を向いてほしくなります。見切りをつけられないためにも、あなたのことをもっと大切にしたいと思うはずです。
 
また、自分の時間を大切にしている人は、人間としての魅力が増します。また、ひとりの時間が充実していれば、もし彼氏と別れてしまったとしてもダメージが浅く済みます。精神的に自立することは、さまざまな局面においてとても大切なことと言えます。
 

4.マンネリ化に気付く

 

「昔は大切にしてくれていたのに、最近彼の態度が冷たい」という場合には、関係性のマンネリ化が深刻になってきている可能性があります。マンネリ化を打破するために、できる限りの行動をしてみましょう。お互いの気持ちが冷め始めてしまっているというときは、少し距離を置いてお互いの大切さについて考えてみる、というのもありです。
 
マンネリ化し過ぎてコミュニケーションすら満足にとらなくなってしまったような状態だとしたら、面倒くさいと思うかもしれませんが、お互い腹を割って正直に話し合ってみるしかないかもしれません。

さいごに

 

今回は、彼氏に大切にされるために重要な4つの方法をご紹介してきました。
 
まずは、自分を大切にすること、そして誠実に思いやりを持って相手に接することを心がけましょう。また、どれだけ努力しても相手が傷つけるような行動をしてくる場合には、自分のために距離を置く勇気を持ちましょう。なによりも、自分が自分を大切にすることが大前提です。
 
今来 今/ライター
 
■彼女を「かわいい」と思って大事にしてくれる男性の特徴
■しっかり愛してくれる彼氏ができるのはこんな女性
■【12星座別】彼氏にしたら大切にしてくれる人ランキング・ベスト5+2

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

彼氏】の最新記事
  • 扱いが難しい……彼の独占欲をうまく調整してあげる方法3選
  • 実はこう感じている?彼氏の言動に隠された「本音と建前」
  • 彼はS?M?性格M男はこんなところで判明する!
  • 「鈍感な女性」に伝えたい……男性が好きな女性のためにしている努力4選
  • 「自分ばっかり好き」から卒業。彼氏とバランスよく付き合うには?
  • 一途な彼氏は最高!いつまでも「愛してくれる」男性の特徴
  • 彼の気持ちが離れていると感じたら……彼の心を取り戻す対処法
  • 私の彼氏って実は最高なのでは?神彼氏のエピソード