異性との出会いで、「運命」を感じたことはありますか。

女性によっては、結婚相手に「運命」と感じた人もいれば、「運命を感じるほど、ロマンチックな出会いはない」と、ちょっとシビアに考える人もいるかもしれませんね。

 

「運命」の意味を考えてみると、それは「めぐり合わせ」です。いい出会いも悪い出会いも、そうなるめぐり合わせだったと考えると、実に不思議なものですね。

できることなら、「運命」を感じられる、いい出会いを求めたいですが――。

 

たとえば男性が運命を感じる瞬間って、どんなときなのでしょうか。リサーチしたものをまとめてみました。

 

好みのタイプである

 

「彼女とは職場で知り合ったんだけど、顔も見た目もかわいくて。彼女も俺のこと『タイプだ』って思ってくれていたみたいで。両想いだってわかったときは、すごく嬉しかったし、そういった出会いってなかなかないから、運命も感じたかな」(28歳/男性/販売)

 

自分好みの出会いって、なかなかありそうでないですよね。たとえば見た目が好みでも、性格や気が合いそうにない……なんてことは、よくあるパターンです。

そのため、相手の中身まで好印象の場合は、お互いに相手との恋を前向きに考えるはず。

 

好みのタイプなら、恋は自然と盛り上がるでしょうし、気が合うなら、長い付き合いができそう。そうした恋は数年間のうちでも、なかなかないことだと思うので、「運命」と感じてもおかしくないかもしれませんね。

 

滅多にない共通点がある

 

「後々になってみると、そうした偶然ってないなって思う。話してみたら趣味が同じで、コンプレックスを感じていることも同じで、そういった出会いってなかなかないなって」(27歳/男性/サービス)

 

たとえば出身地が同じとか、通っている美容院が同じだか。悩みが似ているとか、趣味が同じとか。一般的にあまりない共通点があると、運命を感じやすいかもしれませんね。

そういった出会いって実際貴重だと思いますし、お互いに大切にしたいと思うはず。

 

出会った当初は実感できなくても、付き合いが長くなるにつれて、相手の存在が際立ってきて、「運命かも」と感じられる人もいるかもしれません。

 

結婚したいと思える

 

「俺の場合は、結婚したい、同棲したいって思ったときかな。そういう風に感じられる人って今までいなかったし、彼女とならできるかなって感じられたのも大きいかも」(28歳/男性/IT

 

結婚は一生に一度のことですよね。結婚を考えられる相手って、恋をしていてもなかなかないですし、自分のなかでそれだけ相手の存在が大きくなったのでしょう。

 

「〇〇じゃないとダメ」「相手が〇〇(恋人の名前)だったから」といった、恋人の存在が必要不可欠になるほど、ふたりの関係は特別なものになると思います。

運命という言葉があれば、それに置き換えることもできるのでは。ぜひこのように、愛を育む恋愛ができるといいですね。

 

運命という言葉を借りるとすれば、それは相手の存在がそれだけ際立つということかもしれません。

ぜひ運命と言ってもいい男性と出会ったら、積極的にアプローチをし、相手との付き合いを充実してみてください。

 

(柚木深つばさ/ライター)

Photo by. Cristian Newman

 

■ステキな出会いが訪れる方法!運命の人を引き寄せる
■【出会い】あなたの運命の人の「名前」と「性格」
■イヴルルド遙華が伝授! 「ソウルメイトの見つけ方」

運命の人】の最新記事
  • 【12星座別】2019年内に運命の人と結婚するためのアドバイス
  • 運命の出会いを見逃さない!最先端の恋活方法
  • 見逃さないで!運命の恋が始まる前兆
  • 恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザとは?
  • 【数秘術で占う】運命の人の特徴
  • 運命の出会いが不倫関係に! 「もうだめ」と思った女性を救った奇跡の復縁
  • 12星座別|近々訪れる運命の出会いのきっかけ
  • 彼に自分を運命の人だと思わせる行動4選