こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃は結婚後の共働きが普通ですが、その影響で「財布を別々」にする世帯が増えています。ファイナンシャルプランナーの視点で申し上げると、それはそれで悪くないのですが……注意すべきポイントも実はあるのです。

 

そこで今回は、財布を別々にするメリット・デメリットをお伝えします。

 

あなたの家計管理に、お役立てくださいませ。

 

最大の長所:生活水準が上がりにくい

 

まずはメリットから。普段あまり意識されないかもしれませんが……財布を別々にすると「生活水準が上がりにくい」というメリットがあります。

 

これは特に妻側にいえることですが、財布を別々にするということは「夫のお金に頼らない」状態になりますよね。だから、自分で稼いだお金を大事に遣うという点では、むやみに贅沢をしないで節約志向が実現するのです。

 

人間には、「自分で苦労して稼いだお金」は大事に使うものの、「他人から貰うお金」はムダ使いしがちなところがあります。

例えば、お国の税金も頻繁にムダ使いが取り沙汰されますが、あれも他人のお金だからこそといえます。

 

また、財布を別々にすると「感覚的には金銭管理をしやすくなる」というメリットもあります。

 

特に、あなたに一人暮らしの経験があれば尚更です。自分で稼いだ範囲で生活費をまかない、残ったお金は貯金して……本当に独身時代とほぼ変わらない感覚でいられるでしょう。

 

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 2020年以降はマイホームの買い時?不動産価格下落に潜む罠とは
  • だらしない兄弟姉妹はこのままでしょうか? 自立する日は来ますか?
  • 共働き夫婦は「財布を別々」にした方がいい?長所と短所をズバリ!
  • もう一人子供が欲しい……でも、経済的にも年齢的にも不安があります
  • イクメン気取りの夫に腹が立つ!妻がムカつく『夫の育児参加』
  • 子どもの教育費…いつ、いくらかかる?お金の専門家が解説します
  • 主婦必見!ネットショッピングの大事な損得とは?
  • 家族占い|家族からの声、家族の本音

カナウ公式ツイッター