世の中にはいろんな人がいて、全員とうまくやっていく事はなかなか難しいものです。とはいえ、できる事ならつつがなく、まろやかな人間関係を楽しみたいですよね。

 

そこで今回は、「敵に回すとめんどくさい人」を12星座別でランキング。上手なお付き合いの仕方もアドバイスさせていただきます!

 

1位 やぎ座

 

一見おとなしく、またコツコツ一人で努力を続ける真面目人間なのですが、

その分自分の信念に反する事は絶対に認めたくない! と強情なところがあります。

 

やぎ座さんは内心は野心家で根回しが上手い策士。また普段の言動の真面目さから周囲からの信頼度も高いので、敵に回すとあっという間に孤立させられてしまいそうです。

 

目的を達するためには非情にもなれるので、八方塞がりの状況を作って精神的に追い詰めてくる可能性もあります。

 

そんなやぎ座さんと同様の傾向を持つのが、おうし座・おとめ座の皆さん。

 

この3つの星座に生まれた人々は、基本的には忍耐強く情が深いのでそう簡単にキレたりはしませんが、何かの拍子に逆鱗に触れてしまうと大変な事になります……。

 

しかも怒りが長続きし、簡単に人を信用しないところもあるので、謝罪も通用しません。

 

怒らせないためには「道理にかなわない事はしない」「頑張っている事を否定しない」「意見する時は直接会話し、自分は味方である事をアピール」がポイントです!

 

2位 しし座

 

「自分が一番!」という謎のプライドを持っているしし座さん。

 

口では大きい事を言ってばかりのように見えますが、そのプライドには実は陰でメチャクチャ努力している、という裏付けがちゃんとあるんですよね……人には見せませんが。

 

そして、大変に直情的です。気に食わない事があるとあからさまに怒り狂い、激しい言葉で非難してくる可能性も高いでしょう。

 

立場を利用して徹底的に潰しにかかる、なんて事も辞さないのです。また、本人よりもしし座さんを心から慕っている周りの人がエキサイトしてしまい、総攻撃を仕掛けてきて吊し上げを食らう危険もあります。

 

ただ、しし座さんの怒りはそう長続きはしません。

 

内心では傷つけられた事をクヨクヨ思い悩んだりもしますが、それを表に出す事はないでしょう。やばい、と思ったら素直に謝って懐に飛び込んでしまえば逆に仲良くなれちゃう、なんて好展開もなきにしもあらず。この懐の深さはしし座さん特有のものでしょう。

 

同じような傾向を持つのが、おひつじ座・いて座の皆さん。

 

しし座さんが組織的に攻撃を仕掛けてくるのに対し、おひつじ座さんはタイマン派、いて座さんはけしかけるだけけしかけて自分は高みの見物、といった感じ。

 

いずれも比較的怒りっぽく、直接対決すれば自分の立場が危うくなる事は確実です。

 

怒らせないためには

「下手に出る」

「普段から褒めて好印象を与えておく」

「仲間意識を持つ」

事。普段から良い関係を築いておけば、よほどのことがない限り敵に回してしまうような事はない……はず。

 

3位 さそり座

 

心と心のつながりを大切にするさそり座さんは、広く浅く、といった人間関係があまり得意ではありません。

 

そのかわり、信頼できる人に対しては家族のように尽くし、一生懸命相手のためになろうと頑張ってしまいます。

 

それを裏切られた、と感じた時の怒りたるや……ちょっと普通ではないくらいの憎悪が燃え上がります。

直接潰しにかかるような事はしませんが、いつまでも根に持ってチクチクイヤミを言い続け、さりげなく邪魔をしてくるなど陰湿なアプローチで精神的に消耗させる事を得意とします。

 

長い時間をかけて相手の立場も精神状態も悪くするのですが、本人にはまったく悪気がないのがポイントです。完全に被害者モードに入っているので「それくらい当然でしょ」と思っているきらいがあります。

 

同様の傾向を持つのは、かに座・うお座の皆さん。

 

怒りの持続時間も長く、一度嫌われたらかなりの努力をしないと信用は取り戻せません。

 

また、この類の人々は自分の周りを味方でガッチリ固めているのも怖いところ。敵に回すと本来受けられるはずだった協力を受けられず、結果的に損をする事になりそうです。

 

怒らせないためには「常に親愛の情を持って接する」「誠実に向き合う」事。これに尽きます! 気持ちの上でつながっている人には、どこまでも守ろうとしてくれますから。

 

4位 てんびん座

 

コミュ力が高く誰とでも軽やかに接するてんびん座さん。

 

そもそも人と深く関わり合う事は苦手で、基本的にトラブルを起こさないし、敵になりそうな人とは最初から付き合いません。

 

それだけに、ドロドロしたマイナス感情を向けられると「めんどくさ!」とぷつりと関係を断ってしまうのです。言葉の感覚が鋭いので、確実に相手の弱点を突いた強烈な捨て台詞を残して去っていく、というのが怖いところ。

 

てんびん座さんは、敵に回すとめんどくさいのではなく、自分自身が「めんどくさい人」にされてしまうのです。

 

そして、一度めんどくさい認定をされてしまうとその後は鼻にもかけてくれなくなります。直接攻撃してくる事も周囲を巻き込む事も滅多にありませんが、幅広い人脈を持つ事から噂が広がり、結果的に自分の立場が危うくなってしまう可能性もありますよ。

 

同様の性質を持つのが、ふたご座・みずがめ座の皆さん。

一見無害に見えますが、彼らを敵に回すとその周囲の人間関係も含めて立ち入れなくなってしまうので、共通の友人とも疎遠になってしまうかもしれません。

 

怒らせないためには「その人の考え方や世界観を否定しない」「ほどほどの距離を保つ」「議論したら負けると思え」を常に頭に入れておく事。お互いを尊重し合う事で、いろいろなメリットを享受できますよ。

 

いかがでしたか?

 

敵に回したくない人物って、裏を返せば味方につけると心強い人でもあります。ポイントを押さえて、上手なお付き合いができるといいですね。

 

(ライター/WriterPalm45

 

■良くも悪くも!?人生をナメてる血液型ランキング
■12星座|ハートが強い星座ランキング
■血液型別|空気が読めないランキング

 

星座】の最新記事
  • 【12星座別】S度、M度診断
  • 恋愛相性|ふたご座男性との恋愛傾向と攻略法
  • 12星座別|今あなたを包む不思議な魅力
  • 星座別|あなたの守護天使が呼びかけるメッセージ
  • 恋愛相性|おうし座男性との恋愛傾向と攻略法
  • 【12星座】敵に回すとめんどくさい星座ランキングベスト5
  • 【12星座別】ピュアな星座ランキング
  • 12星座別!ラッキーカラー