マジメな男性は、自分のことをわかってくれていて、さりげなく寄り添ってくれるような女性に弱いです。
 
だからこそ、多少はあざとさを持ちながらも、上手に心をつかむことができれば、恋愛対象としても意識してもらえるでしょう。
 
そこで今回は、マジメな男性の心を揺さぶれる「あざといテクニック」について紹介します。
 

 

「知らなかった」と驚く

 

「『それ、知らなかったです』って女の子に言われると、ちょっと胸を張れちゃいますね。話していて楽しい相手でもありますね」(30代・男性・出版)
 
女性に「知らなかったです」と言われると、男性は優越感に浸ることができるもの。
知らないことを教えてあげているような形になると、男のプライドを満たすことができてとてもうれしいのでしょう。
 
初めて知るようなことを聞いたときには、「そうなんですね、知らなかったです」とちょっと大げさに言ってあげると、マジメな男性は特に喜んでくれますよ。
 

「○○さんだから」と言う

 

「『○○さんだからうまくいったんですよ』って言ってもらったときには、本当にうれしかったです。頑張ったかいがあったなって感じられました」(20代・男性・営業)
 
マジメな男性が真剣に取り組んで頑張ったことには、ちゃんと褒め言葉や労いの言葉をかけてあげましょう。
 
その際に、「○○さんだから」と強調すると、男性の心にはより大きく響くもの。
必死に頑張っていたことをわかってくれていたことで、男性のあなたを見る目も変わってくるはずですよ。
 

一番に「頼る」

 

「何かあったときに、一番最初に自分のことを頼ってきてくれる女性のことは、こっちも大事に思うようになる。助けてあげたい気持ちも強くなりますよね」(20代・男性・広報)
 
男性は女性から頼られるとうれしいものですが、誰よりも先に一番に頼られたら、そのうれしさは倍増するはず。
 
他の男性ではなく、自分が最も頼りにされていると感じるので、プライドもかなりくすぐられるものです。
 
「まず○○さんの意見を聞きたかったんです」なんてつけ加えてあげたら、さらに男心を揺さぶることができますよ。
 

みんなの前で「立てる」

 

「いつも俺のことを立ててくれる女の子がいて、一緒にいると気分もいいから、気づいたら好きになっちゃってました。良き理解者って感じがしますよね」(30代・男性・商社)
 
さりげなく自分のことを立ててくれる女性に対しては、男性は好印象を抱きやすいです。
しかも、みんなの前で立ててくれることが多いと、さらにうれしい気持ちになるし、自分の味方のような感覚にもなるもの。
 
マジメな男性は、女性がスッと立ててくれると、そこに賢さやバランス感覚の良さなども感じるので、「こんな子が彼女だったらな」などとも思ったりすることでしょう。
 

さいごに

 

マジメな男性を好きになったのなら、しっかりと理解を示しつつ、アプローチを仕掛けるといいでしょう。
ちゃんと思いが伝われば、相手もそれには真摯に応えようとしてくれますよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■こいつマジにかわいいな。男性が心の急所を貫かれるあざとい仕草
■男性が「あざといけど超かわいい」と思ってしまう瞬間
■男性が「かわいい」と思う女子のアプローチ方法

恋愛テクニック】の最新記事
  • これで落とす!長女ならではの特性を生かした恋愛テクニック
  • 久しぶりに会って…「ときめく女性」と「萎える女性」の大きな違い
  • 知らなかった…好感度がどん底に!男性との会話で気をつけるべき4つのポイント
  • これで落とす!末っ子女性ならではの特性を生かした恋愛テクニック
  • 男性からアプローチさせるようにしむける小悪魔テクニック
  • 男性が好きな女性の匂いとは?3つのポイント
  • 男性が年上女性を恋愛対象に見る条件! 年下彼氏に愛される魅力とは?
  • イイ男と付き合える女性の特徴