ラブホスタッフ上野と申します。

 

私が働くラブホテルという産業は「浮気」と「不倫」によって支えられていると言っても過言では御座いません。

 

カップルのお客様が最大になるクリスマス当日よりも、不倫のお客様が最大になる仕事納めの日の方が混むのはラブホテルの法則の1つ。

 

このことからもラブホテルが「浮気」と「不倫」によって支えられていることは明らかでしょう。こう考えると浮気や不倫をされる方に足を向けて眠ることなど到底出来ません。

 

しかし、もしも本当に私が足を向けて眠れないのであれば、私は立って眠ることになってしまいます。

浮気や不倫のアンケートは正直な回答が得られにくいこともありなかなか本当のところは分かりませんが、避妊具メーカー大手の相模ゴムのアンケートによると、現状で浮気をしている方の割合は約20%。

 

生涯で1度でも浮気を経験する方の割合は約50%という統計もあることからも、私たちの直感よりもはるかに多い割合の方が浮気をされていることが分かります。

 

とは言え、これから付き合おうとしている相手には浮気をして欲しくないと願うのは当然の感情でしょう。出来ることならば、浮気をしない相手とお付き合いをしたいもので御座います。

 

そこで今回は「浮気をする男」の見抜き方についてご紹介をさせて頂きましょう。

 

浮気をする最大の原因は

 

犯罪件数と景気には明確な相関関係があることをご存知でしょうか?

 

これは日本に限った話ではなく、世界中のほぼ全ての国家で該当する傾向で御座います。景気が良くなれば犯罪は減り、逆に景気が悪くなれば犯罪が増えるのです。

 

というのも犯罪の動機の多くには経済的困窮が御座います。警視庁の統計によると犯罪の約8割が窃盗犯であり、殺人や傷害などの凶悪犯は全体の1%も御座いません。

 

経済的に豊かな方が窃盗を行わないのは基本的には当然の話。逆に言えば生活に困窮すれば聖人だって盗みを働くことでしょう。

 

つまり、犯罪の最大の原因は”経済的困窮”という環境で御座います。一部のサイコパスのような例外を除けば、全ての人間は追い込まれれば犯罪に走り、逆に生活が平穏ならば犯罪を致しません。

 

これは浮気も同じでしょう。

 

全ての人間は環境が整ってしまえば浮気をする。環境に関係なく浮気をするようなヤバイ人間は極めて少数に限られます。

 

ですので、浮気をする人間を見抜くためには、その人間の性格や人格を見るのではなく、その人間を取り巻く環境を見なくてはなりません。

 

浮気を誘発する環境にいる人間が浮気を行い、逆に浮気を誘発しない環境にいれば浮気を行わない。もちろん環境に関係なく浮気をするタイプも存在しますが、それは例外なのであまりに参考になりません。そういうヤバイ人は大抵の場合、同性からも嫌われているので比較的簡単に見抜くことが出来るでしょう。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 意外と知らない!? 男性が告白を断る8つの理由とは?
  • 【12星座別】心の底から異性を好きになりづらい人ランキングベスト5
  • 実録:恋心が再燃! 同窓会は、先生や元カレと近づくチャンス
  • 今年は運命の恋をする!2019年の恋愛運を上げる方法
  • 出張マジレスホロスコープ#2「セクシーなお姉さんに緊張する」
  • 男性が恋に落ちる瞬間は「明らかに違う何か」を感じた瞬間です
  • 両思いかも!?「男性が本命の女性にしかしない言動」とは?
  • 血液型別!わがままランキング