婚活していると、他人の結婚話に敏感になりますよね。
バリバリのキャリアウーマンが寿退社すると聞いたり、男っ気のない地味女子が急に結婚すると言い出したりすると、祝福するより先に驚いてしまいます。
一生懸命に婚活している人ほど、ショックは大きいでしょう。

 

でも、結婚という人生を左右する重大決断をする上で、あせりは禁物。
こんなときに平常心を保って冷静に婚活を続けるには、どうすればいいんでしょうか?

 

結婚適齢期はみんな一緒じゃない!

 

20代後半を迎えるとついあわててしまいますが、結婚の適齢期はアラサーにかぎったものではありません。

絶対に子どもを産みたいと考えれば、年齢的にリミットはできてしまいますが、それでも40歳までは安心して大丈夫。
三十路をちょっと越えたからといって、あわてふためく必要はないのです。

 

そして、自分と同年齢の女性が結婚したからと言って、「先を越された」とあせるのもちょっと違うでしょう。
その人にとっての結婚適齢期が今だったというだけで、あなたにとっての適齢期が今かどうかはわからないのです。

 

重大な仕事を抱えているのになにがなんでも結婚したいとか、家庭をもつという意味があまり理解できていないのにあせったりしても、うまくいくはずはありません。
ちゃんと心の準備ができていないまま結婚をしても、夫婦生活には必ずほころびが生じます。
「こんなはずじゃなかった」
「結婚ってこんなものなの?」
と、不満や不安が生まれることになるのです。

 

喜びも苦しみもわかち合える家族が心底ほしいと願い、仕事や精神の調子がいい状態で整っているときこそ、婚期を迎えているといえます。

 

「おめでとう」と祝福することで、自分も幸せになる!

 

どんなに幸せそうに見えても、問題や不安がゼロという人はいません。
結婚したばかりの女性の同僚が、実はマリッジブルーに陥っている可能性だってありますから。

 

また、「うらやましい」と嫉妬する気持ちは、なかなかコントロールするのが難しいとは思いますが、やっぱり早々に手放すべきでしょう。

嫉妬心を募らせれば、物欲しげな顔つきになって、結婚どころか不幸を引き寄せてしまいます。
それどころか、
「離婚すればいいのに」
「結婚に失敗すればいい」
なんて憎らしい気持ちを抱けば、たぶん一生結婚なんかできません。

 

嫉妬や憎しみは、上手に隠したつもりでも、顔や態度に出てしまうものですから。
そんなものがチラつく女性が、男性にモテるはずがありません。

 

それよりは、結婚できた友人から幸運の“お裾分け”をしてもらいましょう。
人生最大の喜びに包まれる相手を、素直に「おめでとう」と祝福するのです。
笑顔は福を呼び、あなたの結婚運も高まっていきますよ。

 

まとめ

 

結局のところ「自分は自分。他人は他人」なのです。
一生懸命に婚活していれば、時間がかかってもちゃんと報われるはず。
結婚の時期だけを見て、自分と他人を比較する必要はありません。
あなたには、あなただけの幸せが必ず待ち受けています。

また、結婚という重大決断をくだすには、それなりの「段階」を踏むことが必要。
早く結婚できるからいい、とはいえないのです。
慎重に相手を選び、堅実に信頼関係を深めていくことで、幸せな結婚が実現するはずです。

 

身近な人が結婚したときこそ、あせらずに。
あなたのペースで幸せへの階段を一歩ずつ上がっていきましょう。

 

(沙木貴咲/ライター)

公開日:2017年10月4日
更新日:2019年2月12日

 

photo by.linh.ngan

 

■婚活は高望みした方がいい4つの理由
■本気で結婚したい人は必見!「ゼクシィ縁結びカウンター」のガチ評価!【PR】
■彼でいいの?婚活で誰が好きかわからなくなった時に確認したいこと

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 【12星座別】未来のパートナーはどんな人?結婚につながる異性の性質
  • 実録!街コンに潜む“遊び目的の男”の見分け方
  • 自分の気持ちをうまく伝える!“愛のあるツッコミ”のススメ
  • お金で幸せは買える? 高年収男性と結婚したい女性が見極めるべきこと
  • セレブのフォーチュンサイクル! 20世紀のシンデレラ【グレース・ケリー】
  • バツイチ女性が幸せな再婚をするために必要な2つのこと
  • 「年収が低い男」は結婚が難しい?のウソ・ホント
  • 婚活は4月が勝負!“春婚活”のススメ