婚活していると、他人の結婚話に敏感になりますよね。バリバリのキャリアウーマンが寿退社すると聞いたり、男っ気のない地味女子が急に結婚すると言い出すのを聞くと、祝福するより先に驚いてしまうはず。一生懸命に婚活する人ほど、ショックは大きいでしょう。

 

でも、結婚という人生を左右する重大決断をする上で、焦りは禁物。平常心を保って冷静に婚活を続けるにはどうすればいいんでしょうか?

 

適齢期はみんな一緒じゃない!

 

20代後半を迎えるとつい慌ててしまいますが、適齢期はアラサーに限ったものではありません。

絶対に子どもを産みたいと考えれば、年齢的にリミットはできてしまいますが、それでも40歳までは安心して大丈夫。三十路をちょっと越えたからといって、慌てふためく必要はないのです。

 

そして、自分と同年齢の女性が結婚したからと言って、「先を越された」と焦るのもちょっと違うでしょう。その人にとっての適齢期が今だったというだけで、自分にとっての適齢期が今かどうかは分からないのです。

 

大事な仕事を抱えているのに何が何でも結婚したいとか、家庭を持つという意味があまり理解できていないのに焦ったりしても、うまくいくはずはありません。ちゃんと心の準備ができていないまま結婚をしても。夫婦生活には必ずほころびが生じます。「こんなはずじゃなかった」「結婚ってこんなものなの?」と不満が生まれるのです。

 

喜びも苦しみも分かち合える家族が心底ほしいと願い、仕事や精神が良い状態で整う時こそ、婚期を迎えているといえます。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚占い|あの人が今、結婚したいと思っている相手は私ですか?
  • 結婚?仕事?アラサー女性が人生の方向性を定めるために考えたいこと
  • 運命の人はここにいた!理想の結婚相手と出会えた方法とは?
  • 婚活にブランドバッグを持っていくと嫌われる?男性の本音
  • 結婚占い|この人との恋……結婚に繋がっていますか?
  • 今どき男性が好む、婚活市場で有利な女性の条件3つ
  • 「将来いい夫になる男性」の特徴をチェック!…あなたの彼は大丈夫?
  • 結婚占い|結婚する気がない恋人。別れて新しい恋を探したほうがいい?

カナウ公式ツイッター