せっかく時間と手間とお金をかけて婚活をしたのに、後悔が残ってしまうなんて嫌ですよね。
結果はどうあれ、後悔の残らないすてきな婚活をするには、どうすればいいのでしょう?
 
恋活にも通じるところはありますが、結婚を見据えたお付き合いを本気で求めている方向けにぎゅぎゅっとまとめてみました!
 

 

焦るのは一番NG! きちんと相手を見極めて

 

「婚活で後悔した……」
「結局離婚しちゃった……」
という人で多くの人が言うのが、焦って結婚しなければよかった……という意見。
 
特に結婚相談所などへ行くと、これまであまり関わってこなかったようなタイプの男性もいます。
1人切ったら次! みたいな雰囲気を感じ取ってか、焦って
「借金なし!」
「勤め先でまともにやってるみたい!」
「会話も普通にできる!」
という基準でパパッと判断して結婚してしまいたくなるのですが、これが大きな後悔を生むかも。
 
どこにお金をかけるかの考え方が違うとか。
実は野望があって、今の仕事辞めたいと思っていたとか。
あなたの仕事に理解がなくて、結婚したんだから今すぐ辞めてと言われたりだとか。
逆に何もしないヒモになるとか。
本当にあらゆる姿に結婚後化ける可能性を秘めています。
 
年収はいくら? 一緒に暮らしていける外見をしている? などなどの要素ももちろん大切です。
でも同時に、結婚したら夫婦一つ屋根の下で暮らすのが前提ですから、性格や価値観の面でのすり合わせが肝になってくるんです。
 
もどかしいかもしれませんが、時間をかけて相手のことをよく知ってから
「ここはこの人の難だけど、まったく気にならない」
「理想像とは違うけどストレスにならず許容できる部分」
「この点について自分は譲れない。でもそこは彼が許容できる部分」
というのをお互いに見つけていく過程を大切に、お付き合いを続けてみることが、後悔しない婚活のコツのひとつと言えそうです。
 

結婚相手の理想像が固まっていないのも失敗の原因!

 

そろそろ結婚したいな……ということで、なんとなく婚活を始めた人の場合、具体的に理想像が固まっていないために後悔するパターンが多くあります。
 
「年齢的に新しい彼氏作っちゃうと遅くなるし、今の彼でいいかな」
とか
「友達が『その彼逃したら一生結婚できないよ!』って言ったから、思い切ったほうがいいのかも」
などの理由から結婚した結果、大失敗だった! となるパターンです。
 
これは後悔のもと。
今は具体的に「どんな人がいい!」というイメージが固まっていなくても、結婚後の生活模様はなんとなく想像できると思います。
 
そのぼんやりとしたイメージから始めて、理想の結婚生活を送っているあなたの隣に、どんな男性がいるのか、想像を膨らませてみましょう。
 
そうして、付き合っている彼との時間からもどんどん想像を大きくして、理想の男性像を具体化できた人は、結婚後後悔することが少ないです。
 

一生に一度の幸せな結婚をするための婚活

 

婚活で失敗しないために一番大切なのは「妥協しないこと」と言えるかもしれません。
同時に、自分と向き合い、自分が欲しいものを求める気持ちを守りきれた人が「自分の婚活に後悔はない!」と感じているようですね。
 
これまでの人生から
「自分が譲れないものは何だろう?」
逆に
「他の人がこだわっていても気にならず受け入れられるものは何だろう」
「私が気にしていない条件って?」
をよく考えて婚活に臨みましょう。
幸せになるための婚活、楽しんでいきましょう!
 
(廣瀬伶/ライター)
 
■婚活は高望みした方がいい4つの理由
■実録!今、話題の “婚活スナック”って実際どうなの!?【申し込み編】
■「結婚を考える年齢」になったら本当に考えなきゃいけないこと

結婚】の最新記事
  • 30代女性必見!20代女性に婚活で戦うための成功パターン5選
  • 30歳目前。結婚に焦っていた私がスピード婚できた「秘密の方法」
  • 意外とアリ?「交際ゼロ日婚」を実現させる方法
  • 39歳。結婚を諦めていた女性が結婚できた理由
  • 20代~30代前半とは、戦略も変えないと危険!アラフォー婚活で成婚に繋げるポイント
  • 婚活に向いているマッチングアプリ って結局どれ?
  • 最悪な結納エピソード…… お互いの 親との結納でまさかの事実が判明【後編】
  • 【12星座×血液型別】幸せな結婚ができるタイプランキングTOP10