こんにちは、沙木貴咲です。婚活をするなら、服やメイクをまず頑張らないと……と考える人が多いかもしれません。確かに、第一印象はとても大事ですから、オシャレは必須条件だといえます。

 

けれど、ひたすら外見を磨けば良い出会いをモノにできるのかというと、実はそうでもないんです。大事なのは、「女としての魅力をアピールすること」ではなく、「自分の個性を効果的に見せること」なんですよ。

 

オシャレはして当然!

 

婚活の場でオシャレをするのは当たり前のことです。男性も初対面ではやっぱり、まず女性の外見を見ますし、第一印象は出会って7秒で決まるといわれています。しかもそのイメージは、心理学的には大体6カ月続くとされているので、洋服やメイクを気遣うのは婚活の超基本だといえるでしょう。

 

ただ、女性の外見に関して男性は、「清潔感があるか」「キチンとメイクしているか」という最低限のラインしか見ていません。それ以上の良し悪しが判別できる人は珍しいはず。

さらには、婚活女性はたいてい白や柔らかな色合いのワンピース、ブラウンやピンク系のメイク、節度あるアクセサリーなど、誰もが似通った格好をしているものです。

 

細部は少しずつ違っていても、男性の目には「女性ってみんな、こういう服装とメイクをしてるもんだよね」としか映らないでしょう。

外見は大事ですが、妻候補を選ぶための重要な根拠には、実はならないんです。

 

女性らしさよりも個性の方が記憶に残る

 

婚活では、女性らしさより個性をアピールした方が、うまくいく確率は上がります。

というのも、上品な振る舞いや親切は、みんなが心がけることであり、インパクトに欠けるため。ありきたりの女性らしさを見せても、男性には「みんな同じ」に見えてしまい、記憶に残らないんですね。

 

パーティーもお見合いも、お互いを十分に理解するだけの時間はありません。それだけに誰もが「とにかく好印象を与えたい」と考えるものですが、そうすれば個性が失われてしまいます。

 

何をアピールする?

 

「実はアニメが好きで……」

「野球だったらカープが一番!」

「結構ロマンチストかも。少女マンガをよく読みます」

「会社では天然キャラって言われます」

 

……たとえば、こんな風に自分の個性を伝えれば、ただ優しくするより、多くの男性に覚えてもらえるはず。

 

婚活は男性を選ぶ場であると同時に、自分が選ばれる場でもあるんです。好印象を与えるだけでなく、「この子、面白そうだな」「もっと話してみたい」と、男性に興味を持たせることが大事です。

 

趣味を語れる人の方がモテる

 

好みや趣味は、他人を理解する大事な手掛かりになります。そのため、婚活では明確なこだわりを語れる人の方がモテる傾向にあるんです。

 

婚活イベントはつまり、初対面で「結婚できる可能性が高い人」をいかに見極めるかというもの。わかりやすい個性を持っていた方が、男性の心に引っ掛かって、記憶にも残るでしょう。自己紹介でインパクトのある好み・趣味を語る女性の方が、男性に選ばれる可能性が高くなるんです。

 

映画鑑賞や読書といったありきたりな趣味は、特に好きな作品や作家を熱く語るくらいがちょうど良いのかもしれません。

「タカラヅカが好きって言ったら引かれるんじゃないか」「村上春樹が好きすぎるんだけど、ウザい?」などと遠慮せず、どんどんアピールした方が良いですよ。

 

(沙木貴咲/ライター)

 

■『短期集中型』で婚活に勝つ!婚活疲れを起こす前に結婚する秘訣
■婚活占い|結婚するためにあなたが妥協すべき点
■結婚したいなら結婚願望アリ男を狙う!賢い女性は実践している婚活術

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • ここがポイント!男が考える「恋愛相手」と「結婚相手」の違い
  • 婚活女子の間違った思い込み! 「私って黒が似合うじゃないですか」
  • 見極めが大事!結婚向きの男性の特徴3つ
  • 「彼にプロポーズしてほしい」ときに絶対してはいけない3つの行動
  • 彼は好きだけど…親に反対される結婚、どうする?【沙木貴咲にガチ相談】
  • 実録!今、話題の“婚活スナック”って実際どうなの!?【マッチング編】
  • 結婚運を持っていても生涯独身!? 自分の運命を信じて結婚する秘訣
  • お見合い結婚のススメ!「百パーセントの夫婦」が語るメリット 4つ