こんにちは、恋愛プランナーのてつやです。結婚にまったく興味がなかった男性が急にしたくなる時、それは結婚したいスイッチを押されたからなんです。

もし、あなたがそのタイミングを知っておけば、結婚したい時にプッシュできますし、結婚願望が高まるシチュエーションにうまく誘導することも可能かもしれません。

今回は、男性が「結婚スイッチ」を押されるシチュエーションについて紹介したいと思います。

1.結婚式


まず定番は、友達が結婚したとき。特に仲のいい男友達の結婚式に出席すると、スイッチが入ります。
「そろそろ俺も身を固める時期かな」と、自分の中で気分が盛り上がっていくのです。

理由としては、忙しい日常の中では、男性が自分の人生をゆっくり考えることはほとんどないのですが、結婚式という幸せな特別空間の中では、未来の自分をじっくり考えてしまうから。

あなたの彼氏が友人や同僚の結婚式に出る予定があれば、そのあとすぐに結婚アプローチをしてみるべきでしょう。すごく効果的ですよ。

2.居心地


彼女といることを居心地が良いと感じたとき、男性は結婚願望が高くなります。
「つきあっている関係なら、いつも感じてるんじゃないの?」と思う女性もいるかもしれませんが、男性の気持ちを代表して述べるなら、つき合い当初はすごく実感するものの、つき合いが長くなるほど居心地の良さの鮮度が落ちるんです。

いわゆるマンネリという状態です。その落ちた鮮度をグッと引き上がるタイミングがあって、それはプライベートや仕事で失敗して、すごく落ち込んだ時。

誰かに癒してほしいと思う瞬間に、あらためて彼女の偉大さ、大切さに気づかされる男性は多いでしょう。そして「ああ、やっぱり自分はこの子と結婚するんだな」と納得するんです。

3.嫉妬心


これは、あなたから少しアクションを起こせば、彼の結婚スイッチが押せるシチュエーションです。
彼を嫉妬させる。簡単にいうと、ほっといたら彼女を誰かにとられるという不安感を与える方法です。

具体的には、彼以外の男友達とご飯に行ったり、今までレスの早かったLINEの連絡をわざと遅くしたりします。やり方はライトからヘビーまで色々とありますが、安心しきっている男性ほど、効果ある作戦だと思います。

また、周りから焚き付けられて、嫉妬心に火をつけられることもあります。例えば、彼氏が友人から「お前の彼女、めちゃくちゃ可愛いよね」と言われた時。そんなときに、自分の彼女の良さを改めて気づかされて、結婚したくなるんです。

4.人生の方向性が決まる


最後は、ちゃんと真面目に彼女のことを考えている男性に多いパターン。
それは、彼女を責任を持って一生守っていく覚悟ができたときです。たとえば、仕事が安定したときや、転勤で遠方に引っ越すことが決まったときなど。

社会人なりたての頃、あるいは仕事が順調じゃないときには、男性は結婚なんて考えられません。彼女が結婚する気マンマンだとしても、男性としては「ちょっと待って!」とブレーキをかけたくなるのです。

おわりに


いかがだったでしょうか? よく、結婚はタイミングだと言われます。僕も既婚者なので、そこには本当に納得しています。好きだけじゃ結婚はできません。
いかにタイミングを図って、二人で盛り上がれるかが大事でしょう。

今回紹介した、男性の結婚を意識するタイミングを今後のアプローチの参考にしてみてくださいね。

(てつや/ライター)

■男性が、自然と「結婚」を意識するタイミング4つ
■あなたに訪れるプロポーズの瞬間
■恋する女性必見!「好き」と言わずに「好き」を伝える魔法のサイン5選

結婚】の最新記事
  • 30歳目前。結婚に焦っていた私がスピード婚できた「秘密の方法」
  • 「お金目当て」で結婚する女性の特長とは?
  • ツヴァイ
    彼氏にするべき男性のタイプ、本当に知ってる?【恋愛傾向診断】
  • 婚活|29歳崖っぷち女子が結婚できた理由とは?
  • 彼氏と結婚したい! ゼクハラにならないぎりぎりの匂わせ方
  • 2020年に大開運!? 元彼とのスピード結婚エピソード
  • タロットが教える!結婚を引き寄せる行動
  • 男が「結婚相手」に選ぶ女はモテない女って本当!? 男性の結婚観とは