気になっている男性からデートや食事などに誘われたら、もちろんそれはものすごくうれしいことでしょう。

 

ただ、男性からすると誘いやすい女性と誘いにくい女性がいるものなので、その違いは知っておいたほうがいいかもしれません。

 

そこで今回は、「誘われる女性」と「誘われない女性」の違いについて紹介します。

 

 

とにかく忙しそう

 

「すごく忙しい感じがする女性のことは、なかなか誘うタイミングがないですよね。いつ声をかけたらいいのかがわからないので、なす術がありません」(30代・男性・飲料メーカー)
 
すごく仕事が忙しそうだったり、趣味や習い事などで休日もいつも予定が詰まっていたりする女性のことは、誘い出す隙がありません。
 
スケジュールが空いていなければデートなどできるはずがないので、誘いたい気持ちがあったとしても、男性は行動には移せないかも。
 
気になっている男性に対しては、暇な日もあることをさりげなく伝えるようにしておくことが大切ですよ。
 

あまり笑顔が見られない

 

「笑顔が少ない子って、ちょっと怖くないですか? だから、思いきって誘ってみようと思うのには、相当時間がかかっちゃうかもしれないです」(20代・男性・音楽関係)
 
笑顔が少ない女性に対しては、クールでどこかちょっと冷たい印象を男性は抱くもの。
 
また、会話中にあまり笑顔が見られない場合には、「俺と話していてもつまらないのかな」という気持ちになるでしょう。
 
そんな女性を誘ったところで、OKをしてもらえるようにはとても思えないので、誘ってみようと考える男性はなかなかいないはずですよ。
 

適度にフットワークが軽い

 

「いつも集まりとかに顔を出してくれる子は、『また飲みに行こうよ』とか気軽に言いやすいです。出不精とかではないんだろうなって思えますしね」(30代・男性・飲食)
 
会社のみんなでの飲み会や友人たちとの集まりなどによく顔を出すかどうかは、誘いやすさにつながる大きなポイント。
 
適度なフットワークの軽さがある女性であれば、「誘ったら来てくれそうだな」と男性も思いやすいです。
 
そもそもそういった集まりの場では、「今度○○に行ってみようよ」なんて話の流れで気軽に言えるので、そのままデートへと発展する可能性も高いですよ。
 

「受け入れている」ことを示す

 

「ちゃんと認めてくれている感じがする女性は、こっちも好意を持ちやすいです。単純に誘ってみたいという気持ちにもなりますしね」(30代・男性・自営業)
 
自分のことを受け入れてくれている女性は、自分の味方だという認識になります。
 
味方である女性とは、もっと仲良くなりたいでしょうし、信頼関係も築いていけそうな感じがするもの。
 
だからこそ、一緒に食事をしたいとか遊びに行きたいといった思いも、当然強く抱くことでしょう。
 

さいごに

 

「誘ってみようかな」という気持ちに男性をさせることができるかは、恋愛において大きなポイントのひとつです。
 
誘いやすさを身につけることを意識してみると、一歩先に進める可能性も大きくなりますよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■アラサーで恋が成就した人がやっている!好きな人を振り向かせた方法とは?
■いつも恋人を途切らせない女性が心掛けていることとは?
■女友達はいないのに、やたらと男にモテる女性たちの秘密

モテ】の最新記事
  • 女性から人気の女性は必ずしも男性からはモテない? 理由は?
  • 意外なところからにじみ出る男性の魅力
  • 一生彼氏ができないかも?こじらせ女子の特徴6選
  • 血液型×12星座!色気がある、もっとも異性にモテやすいのは?
  • モテる人の心理状態を探る!モテる人は根拠のない自信がある?
  • 女性から人気の高い女性なのに男性ウケが悪い理由3選
  • モテる女性が自然としている5つの行動
  • 隠れモテ男性の鉄則・別にイケメンじゃないのにモテる男性の理由