お気に入り

“短気は損気”という言葉が存在するように、
「電車内ではリュックを前に背負って!」
「店員にタメ口使うなんて、みっともない人!」
などと、すぐにイライラするのはあまりよくありません。

 

イライラ体質だと、恋愛も仕事もチャンスをつかみにくいのです。

 

そこで今回は、すぐイライラしない性格になるためのコツを、心理カウンセラーの資格をもつ筆者がご紹介したいと思います。

脱イライラ体質! 被害者意識を捨てる

 

「なんで私ばっかり苦労しなきゃいけないの!?」
「貧乏くじを引かされるのはいつも私……」
という具合に、面倒ごとに直面するとこんな考えが思い浮かんできませんか?

 

「私ばっかり……」
という被害者意識が強いと、イライラとしやすくなってしまいます。

 

冷静に世の中を俯瞰して考えると、本当に楽をしている人なんてごくわずか。みんな平等に、面倒ごとに直面しています。

ただ、その姿がイメージできていないため、自分ばかりが苦労していると錯覚してしまうのです。

 

そのため、
「私も大変だけど、みんなも大変なんだ」
「もしかしたら、私の苦労は他の人と比べてラクなのかもしれない」
と、周りの事情を配慮する意識をもてば、イライラしにくくなりますよ。

 

脱イライラ体質! どういうときにイライラするのか把握しておく

 

「なにに?」
「どういうときに?」
「なぜ?」
という、イライラする条件(きっかけ)を知っておくと、イライラを回避しやすくなります。

 

もし、
「電車内で通話している人を見ると無性にイライラする」
と思うなら、そういう人を見かけた際は、すぐに車両を変えるとよいでしょう。

「なんで私がそんなことしなきゃいけないの?」
「悪いのはマナーを守らない人でしょ?」
と思うかもしれませんし、その意見は正しいです。

 

しかし、世の中にはイライラさせられるシチュエーションが無数に存在し、すべてなくなることはありえません。

ですので、イライラしないためには、こちらが動いてイライラを避けるのが賢明なのです。

脱イライラ体質! 相手のいいところに目を向ける

 

イライラさせられることの多くは、対人関係の中にひそんでいます。

ですので、対人関係を落ち着いた気持ちでやり過ごせたら、イライラをかなりおさえられるはず。

 

そこで、オススメなのが「他人のいいところに目を向ける作戦」です。

文字通り、コミュニケーションするときに相手のいいところを探しながら接します。
ただ、それだけ。

 

粗探しをしてもイライラするだけで、いいことはありません。

しかし、積極的に相手のいいところに目を向けると、ポジティブなスタンスで向き合えます。
たとえ相手が失礼なことを言っても、あまりイライラしなくて済むでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回ご紹介した3つのポイントをマスターすれば、イライラからは逃れられますが……正直なところ、癖づけるのは難しいです。

とはいえ、「難しいのか。じゃあやめた」と最初から諦めては、イライラからは永遠に逃れられません。

 

多少時間がかかっても、ぜひ辛抱強く続けてみてください。

つねに心がけるだけでいいので、継続することが大切。
気づいたころには、イライラしにくい柔軟な心が手に入っていますよ。

 

(高萩陽平/ライター)

 

■【花凛の幸せ引き寄せ術】悪い癖を手放せば、不幸から抜け出せる!
■これでスッキリ!人に迷惑かけないストレス解消方法
■オネエ系タレントから学びたい、ポジティブシンキング法

 

お気に入り
自分】の最新記事
  • 実はそれ、危険です……!メンタルが落ちやすい人の習慣
  • 人間の本性が出てしまう瞬間5選
  • あなたの心の奥に眠る意外な性格
  • 3月18日「乙女座満月」が起こす自分改革
  • 「おひとり様クリスマス」をエンジョイするために必要なこと
  • 【12星座別】俺様キャラな星座ランキング
  • 【心理テスト】10の質問でわかる|あなたの自己肯定感チェック
  • 心理テスト|もしもあなたが漫画家だったら?答えでわかる『本当のあなた』の姿